街コンで話しかけられない人。簡単な話しかけ方テクニック

街コンのスタイルによっては自由に話しかける立食パーティー形式があります。
一般的には男性から女性に話しかけて会話がスタートするので、男性からすれば好みの女性とだけ話すことが出来るメリットがあります。

とはいえ、男性のライバルも多く萎縮してしまい、様子を見ている間に気になる女性はイケメンに持っていかれ、余っているのはイマイチタイプじゃない女の子…
そんな女性もどんどん他の男性に声かけられて、気付けば男性だけが余って寂しく無言でお酒を飲むだけ。

ひどい話だと、街コン参加費8,000円程度払って全く女性と話せなかったなんてこともあるようです。

当記事では街コンで声かけられない人へ読んでもらいたい簡単な声のかけ方テクニックをご紹介します。

最初は誰でもオッケー。あまりタイプではない女性に声掛けるべし。

立食パーティー形式の街コンでは平均4?6組の女性グループと会話をすることになります。
限られた時間の中で行われる街コンでは、会話した全員のことを覚えておくのは難しいもの。
女性は前半で話した男性グループのことは記憶に薄く、特に最初の1組目は忘れてしまいがちです。

なので、最初の1組目はウォーミングアップくらいのつもりで声をかけましょう。

街コン会場にも緊張感があり、声をかけにくいですが、ここでスマートに声をかけられれば好印象です。
近くにいる女性グループに「最初の乾杯一緒にしませんか?」と声をかけましょう。

ゆっくり見定めていて声をかけられず仕舞いが最悪パターンです。
適当に声かけましょう。











1組目が盛り上がれば2組目もスムーズに声かけられるはず!

不思議なもので、1組目でしっかりウォーミングアップ出来れば次も簡単に声がかけられます。

お酒も良い感じに入り、会話にも慣れると緊張感もなくなります。
勢いに乗って2組目も自分から声を掛けてみましょう。

もし1組目で声がかけられなかったら…

結局1組目で声がかけられず、浮いてしまっていたら…
まだまだ挽回は可能です。

周りの男性グループが2組目の女性を探し始めるタイミングを見計らって声をかけましょう。
(街コン主催者より移動の指示が出る場合もあります。ここがチャンスです)

「余っちゃって男だけで飲んでました」と笑いながら声かけると、大抵の女性は笑ってくれて「寂しかったんですねー」とツッコミ入れてくれます。
ここから会話も盛り上がります。

逆境をチャンスに転換しましょう!

肝心の声のかけ方。何て声かければ良い?

街コン会場でこの女性に声をかけたい!
と思ったら、こんなセリフがオススメです。

「良かったら一緒に飲みませんか?」
「まだ話せてないので少しお話しませんか?」
「誰か待ってますか?もし今誰もいなければここよろしいですか?」
「今男二人で飲んでて寂しかったので良かったら一緒に飲みませんか?」

ポイントは、謙虚に話しかけること。
女性に話相手がいないと決めつけるのでなく、「もし今空いてたら」と付け加えるのも女性のプライドを傷付けずにオススメです。
また、「今男だけで飲んで寂しかったので」と素直に話すのもテクニック。

最初の声かけさえスムーズに入れれば、あとは乾杯して自己紹介して連絡先交換して…
と自然に流れが出来上がるでしょう。

他の男性と話している女性に話しかけるのはアリ?ナシ?

基本的にはマナー違反。
女性からしてもあまり好印象は持たれないので辞めておいた方が良いでしょう。
※ただし、解散間際でここで話しかけなければ一生会わなくて後悔すると感じた場合は思い切ってチャレンジしても良いでしょう。

トイレに行ったり料理やお酒を取りに行ったり話している男性と離れた隙をみて、「次、話しませんか?」と声かけだけしておくのが紳士的。
街コン主催者より移動の号令がかかったら女性の元へ移動できるようにスタンバイしておきましょう。






まとめ:あとは、少しの勇気があれば街コンは楽勝!

この記事を読んで街コンでの女性への声のかけ方が分かったら、あとは台本を読むように言葉を発すれば良いだけ。

女性に慣れすぎている男性がモテるとは限りません。
(むしろチャラいと思われてモテないこともあります)
ただ、最初の声かけや乾杯の音頭に関してはしっかりとリード出来る男性の方がモテるでしょう。

ちなみにこれらはフリースタイルの立食パーティー形式の街コンの話。
どうしても女性に声をかけるのが苦手であれば、着席形式で強制的に席を決められる街コンを選びましょう。

当サイトでは街コンに関する情報をお届けしています。是非チェックお願いします。
参加チケット購入_趣味コン