経理部から経営企画部へ異動は多い!?そのワケは…

経理部(財務部)で働いている人は経営企画部への異動可能性が高いです。

経営企画部と言えば出世コースとも言われる花形部署。
会社の戦略立案を行うブレインの役割を果たす部署です。

実際、経理部から経営企画部に異動する人は多く、ポジションが空けば候補に挙がるのは経理部の人間です。

当記事を書く私自身、経営企画部、経理部のどちらも経験しています。
私の会社でも経営企画部と経理部の仕事は密接に関わり合っており、経理部から経営企画部へ異動した人は多く、その逆もあります。

ここからは、経理部から経営企画部へ異動したい人の為の記事になります。

経理部と経営企画部の仕事内容

まずはそれぞれの部署の役割をまとめます。
※会社により仕事内容は異なります。
一般的に多いであろう役割としてご覧ください。

■経理部(財務部)仕事内容
・支払業務
・入出金管理
・財務諸表作成
・原価計算
・税金計算
・資金計画策定
・債権債務管理
・給与計算

■経営企画部仕事内容
・全社戦略策定
・各種データ分析
・M&A
・予算案策定
・経営会議運営
・年間スケジュール作成











何故経営企画部員は経理部から選ばれるのか。

会社経営の基本はお金です。
経営企画部で会社戦略を立案するには、PLやBSなど財務諸表を見て会社の今後の売上や利益の見通しを立てるのは基本となります。

毎日のように会社のお金を扱い、PLやBSの成立ちを知っている経理部員は経営企画部に抜擢されやすいのは当然とも言えます。

経理部の他に経営企画部に異動しやすい部署

筆頭に挙がるのはマーケティング部(会社によって呼称は異なります)のようなデータ分析を行う部署です。
経営企画部では多くのデータを扱い分析します。
マーケティング部で培われた力は経営企画部でも役に立ちます。

また、新規プロジェクトに携わったメンバーも経営企画部に異動しやすいです。
プロジェクトを一つの事業と捉え、ヒト・モノ・カネ・情報などの経営資源をコントロールしてきた経験を活かし、次は会社全体の経営資源をコントロールする経営企画部に抜擢される可能性が高いです。
ただし、プロジェクト内での活躍は勿論、プロジェクト自体が結果を出せたかどうかも人事は見ています。

どうすれば経理部から経営企画部へ異動出来るのか

経理部で働く全員が経営企画部に異動になるとは限りません。
以下のような経理部員は対象となりやすいでしょう。

・財務に強く、投資計画や資金計画の見通しを立てられる
・ロジカルシンキングが得意で、数字の裏にある根拠を理解し説明が出来る
・管理部門として、お金以外にも会社の情報(人事、法務、総務、システム)などに精通している
・事務職としての基本的なスキルが備わっており、細かい作業もきちんとこなせる
・会社経営に興味があり、業界他社の動向や社会情勢を日頃からチェックしている
・出世願望があり、将来経営幹部になりたいと考えている人

スペシャリストになりすぎないことが大切

実は経理部のスペシャリストは経営企画部のスペシャリスト以上に代わりがいません。
税務や会計のスペシャリストになりすぎてしまうと、会社からすると経理部から手放すことが出来ない存在になります。
少なくとも社内にはそんな人材はなかなかいない為、社外から経理部のスペシャリストを採用するしかなくなります。

簿記1級や税理士資格などのスペシャリスト系資格はオーバースペック。
経理部で活躍するには是非とも取得したい資格ではありますが、経営企画部に異動を目指すなら中小企業診断士やMBAなどのゼネラリスト志向の資格取得の方がベターでしょう。

経営企画部に興味があることを人事にアピールしよう

次に人事が重視するのは、経営企画部としてやっていけるモチベーションがあるかどうか。

勿論、経理部も厳しい部署ですが、経営企画部もかなり厳しい部署です。
会社の経営計画を立てる超重要業務に一切の妥協は許されません。
そんな厳しい環境に耐えることが出来るのはモチベーションの高さも必要です。

異動希望部署のヒアリング等があれば、経営企画部に興味があることをしっかりとアピールし人事に知っておいて貰いましょう。
すぐにとはいかなくても、空きポストが出れば異動できるかもしれません。

経理部から経営企画部に転職は可能?

経営企画部で働くもう一つの手段は転職すること。
経理部で実務経験を積み、財務や会計の仕事で「お金を中心とした会社経営」の世界を見てきた上で、より会社経営に近いポジションである経営企画部を志望することは転職理由としては十分立派ストーリーと言えます。

経営企画部は未経験でもチャレンジ出来る資格なので応募は可能です。
ただし経営企画部は人気職種であると同時に求められるレベルが高い職種。
コンサルタント業界出身者、難関資格取得者、他社経営企画部経験者なども転職希望してくることが考えられます。

当然にして大量募集する職種ではない為、これらのライバルに勝つだけの武器が欲しいところではあります。

まとめ:経理部の仕事の延長線に経営企画部の仕事がある。

どちらも経営に携わる関連部署ですが、経理部でしっかりと経験を積んだ後に経営企画部に異動するのが最も理想的なキャリアプランのように思います。

経理部以外から経営企画部に異動になる人は苦しみます。
ある程度の経理知識がないと経営企画部としても務まらないからです。

現在経理部で働いている人は、しっかりと経験を積みながら経営企画部への異動のチャンスを待ちましょう。
いつかきっと希望が叶うでしょう。

志望し続けて5年以上見込みがない場合には転職も視野に入れても良いでしょう。

当サイトでは経営企画部や経理部に関する情報をお届けしています。
是非チェックお願いします。