気になる女性がネットワークビジネス関係者か見分ける6つの質問

社会人になると異性との出会いの場は限定されるもの。
会社の同僚や友人の紹介などでは可能性が低いですが、合コン・街コン・飲み会・社会人サークル・異業種交流会・朝活・恋活アプリなどの出会いの場ではネットワークビジネス関係者が勧誘目的で紛れ込んでいる可能性が多々あります。

もしこれらの出会いの場で気になる女性が出来たとしても、彼女がネットワークビジネス関係者であれば…はじめからあなたをネットワークビジネス勧誘目的で近付いたのであれば…恋愛への発展が期待できずに悲しい想いをするだけですよね。

当記事を書く私自身、気になる女性がネットワークビジネス関係者だったツライ経験があります。
街コンで出会い、連絡をしていくうちに「なんかこの子は普通じゃないな…」とまではすぐに気付き、もしかしたらネットワークビジネス関係者かな?とも思ったのですが、結局告白をしてフラれたことがあります。
この経験から気になる女性がネットワークビジネス関係者かどうかを見分けることに敏感になりました。

この記事を読む方が私のようなツライ経験をしない為に、見分ける為の6つの質問をまとめてみました。
気になる女性と連絡をする際や食事やお茶に行った際にこの質問をしてみましょう。

「どういう友達と遊ぶことが多いの?」

ネットワークビジネス関係者を疑わずとも自然な会話の中で出てきそうなこの質問。
「大学のサークルの友達と今も仲が良くてよく遊ぶよ。」
「会社の同期と仲良くて仕事終わりとかに一緒に飲みに行くよ。」

こんな回答が返ってくればネットワークビジネス関係者の疑いは低いと思われます。

「友達の輪を広げたいから色んな人と女子会してる。」
「あんまり特定の人と遊ぶのが得意じゃなくて、新しい友達募集中!」

こんな回答が返ってくればネットワークビジネス関係者の可能性は高いでしょう。

ネットワークビジネス関係者は、勧誘相手にならない学生時代の友人と同じ顔ぶれで遊ぶよりも、とにかく友達の輪を広げられることを望みます。
何故なら、勧誘相手の輪が広がるからです。











「休みの日は何してるの?」

こちらも自然な会話の中で簡単に出てきそうな質問です。
多くの人と出会い会話慣れしているネットワークビジネス関係者なら回答に詰まることなく答えることでしょう。

「ヨガを習っている。」
「映画観たり友達とショッピングしたりが多い。」

こんな一般的な女子の回答であれば、ネットワークビジネス関係者の可能性は極めて低いでしょう。
ネットワークビジネス関係者であればこんなことをしている暇はありませんし、一切勧誘にも繋がらない回答をしても無意味です。

「飲み会やバーベキューをよく企画してワイワイ楽しんでるよ。」
「大人数でスポーツやボードゲームしてるよ。」

これらの回答は非常に怪しいです。
ネットワークビジネス関係者は飲み会やバーベキューが大好きです。何故なら、友達の輪(勧誘相手の輪)が広がるからです。
また、スポーツやボードゲームも自然と多くの人と仲良くなれる為、ネットワークビジネス関係者がよく使う手法です。

この会話の続きは、「もし良ければ今度バーベキューにおいでよ!」などと勧誘トークに繋がります。
気になる女性と二人でデートしたいのに、こんなお誘いをされても嬉しくないですよね。
この女性との恋愛発展は潔く諦めた方が無難かもしれません。

「好きなテレビ番組は?」

驚くことにネットワークビジネス関係者はテレビを持っていない可能性が非常に高いです。

これは、ネットワークビジネス成功においてはテレビを観ている時間があれば人と会う(勧誘する)時間に充てた方が良いという考え方が彼女達の中ではあるようです。
裏の狙いとしては、ネットワークビジネス関係者がテレビから情報を仕入れることは、ネットワークビジネスのセミナーや勉強会で伝えていることと異なる為、洗脳しにくくなるのを恐れてトップが広めているものと思われます。

普通の人であればテレビを持っていないというだけでちょっとおかしいですよね。
ニュースは勿論、ドラマやバラエティだって観なければ女友達との会話についていけません。

この質問をして、「私テレビ全然観ないんだ」とか「テレビ家に無いんだ」と回答されればネットワークビジネス関係者の可能性が高いです。

「何かオススメの本ないかな?」

趣味や休日の過ごし方の話題から読書の話題に持っていくのがスムーズです。

小説、エッセイ、漫画などの回答であればセーフ。
自己啓発本であれば要注意です。

とはいえ、働く女性であれば自己啓発本を愛読することも珍しくはありません。
自己啓発本好きというだけではアウトとは言い切れません。

ここで「金持ち父さん貧乏父さん」の回答をされたらアウトです。
99.9%ネットワークビジネス関係者と言っても良いでしょう。

「ずっと今の仕事続けていくの?」

会話の流れの中で仕事の話になるのは自然なことです。

女性が同じ仕事を長く続けているようであれば、
「長く仕事続けていてスゴイね!ずっと今の仕事続けていくの?」
と聞いてみましょう。

私の過去の経験から言うと、ネットワークビジネス関係者の回答は2パターンにわかれます。

1つは、正直に「他にも副業していて、そっちで成功したい!」といかにも怪しいコメントをするパターン。
この流れはそのまま勧誘トークに持っていかれるので要注意!
興味がなければハッキリと断りましょう。

もう1つは、「うーん、仕事は大変だしいつまで続けるかはわからないなー。」とハッキリは回答しないパターン。
こちらはネットワークビジネス関係者と見分けるのは非常に難しいです。

あまり多くはありませんが、
「今の仕事がやりがいを感じられて大好きで、ずっと続けていきたい!」
という回答であれば間違いなくセーフでしょう。
ネットワークビジネスを始めるきっかけは仕事に悩みがあるケースが多いからです。

既にネットワークビジネスのみで働いている人もいる。

先述したのは、あくまでメインの仕事があって副業としてネットワークビジネスをしている人のパターンです。
しかし、既にネットワークビジネスで独立していたり、ネットワークビジネスを運営する会社で働いているパターンもあります。

この場合はシンプルに「何の仕事をしているの?」と確認すれば大抵わかります。

「「自営で仕事をしている。(これ以上多くは語らない)」
「流通関係の仕事をしている。(何の流通をしているのか具体的には言わない)」

こういった回答はかなり怪しいです。

ネットワークビジネスは基本的に会社に属さない為、自営で仕事をしているだとかフリーランスで働いているという回答になります。
しかし、本当に自営業であれば「ネイルサロンを経営している」とか「フリーランスでWEBライターをしている」などと答えるはずです。
また、ネットワークビジネスは商品を販売する為、流通業として捉えられることが多いようです。

「彼氏欲しいの?」

本来、合コンや街コンなどの出会いの場で知り合った女性であればこんな質問を投げかけるのはおかしいのですが…
怪しいと感じたら思い切って質問してみましょう。

「彼氏欲しいのに全然出来なくて…」
「良い人がいたら良いなとは思ってるよ!」

こんな一般女子の回答であればセーフです。

「今はやりたいことが多いから彼氏よりは友達が欲しいかな。」
「特定の彼氏は必要ないかな。」

基本的にネットワークビジネス関係者の女性は普通の男性とのお付き合いをしません。
ネットワーカー同士で付き合うことはあるようです。
最悪の場合、既に彼氏や旦那さんがいる可能性すらあります。






まとめ:気になる女性がネットワークビジネス関係者なら諦めるべき?

ここで紹介した質問を投げかけ、ネットワークビジネス関係者の疑いが強い場合には諦めるべきなのでしょうか。

ツライですが、基本的には諦めた方が幸せになれると考えます。
どれだけ真剣にアプローチしても、ネットワーカーは最初から恋愛なんかする気はありません。勧誘相手としてしか見てくれなければ傷付くだけです。
それを踏まえてでも、本気で好きになってしまったのであればアタックしても良いと思います。
もしかしたら真剣さが通じるかもしれません。

また、ネットワークビジネス関係者の女性は女友達の輪が広いです。
合コンや飲み会をセッティングしてもらえば出会いの機会(ネットワークビジネス関係者ではない普通の女性)が増えることもあります。
適度な距離感を保ちつつ仲良くしておいても損はないでしょう。

※当記事はネットワークビジネスを批判するものではありません。
真剣に恋愛したい人が、本来の目的と違うネットワークビジネスの勧誘を受けることで傷付かない為に書いた記事です。
ご了承ください。