中小企業診断士取得で転職はできる?診断士の転職先まとめ

中小企業診断士は難関資格。
司法書士、行政書士、税理士などのサムライ業と呼ばれる資格は独立を視野に入れて取得する人が大半です。

サムライ業である中小企業診断士は、少し色合いが違います。
中には中小企業診断士として独立してコンサルタント事務所を構える人もいるようですが、その割合はごく僅か。

何故なら、他のサムライ業と呼ばれる資格と違って、中小企業診断士には独占業務がありません。
中小企業診断士を取得しないと出来ないという業務はなく、コンサルタントは誰にだって名乗ることが出来るのです。

そこで、中小企業診断士の資格取得しても独立せずに企業で活躍する人が大半を占めます。
昇進や希望部署への社内でのキャリアアップは勿論、転職市場に於いても中小企業診断士は人気です。

当記事では中小企業診断士資格取得者の転職先についてまとめます。

コンサルティングファーム

中小企業診断士を取得したからには、やはりコンサルタント業務でお金を稼ぎたいと思うのが自然。
資格で学んだ知識やスキルが最もフルに活かすことが出来るのがコンサルファームでの仕事でしょう。

また、コンサルタントとしても中小企業診断士資格取得があるというだけで箔が付きます。

ただし、コンサル業界は激務が付きもの。
コンサルティングという無形商材でお客様からお金を頂くには中途半端ではいけません。
分析には時間を費やし、資料提出は細部までこだわり…
そうしているうちに時間は過ぎ、深夜残業も当たり前。体力勝負の激務業界。

コンサルファームで経験を積めば、中小企業診断士として独立も視野に入れることが出来るのは大きな魅力です。











システムインテグレーター

企業の基盤となるITシステムの提案、構築、運用、保守などを行う仕事。
システム導入は金額的にも大きな仕事で、企業体制を大きく変えることのできる非常にやりがいのある仕事です。

特に中小企業診断士分野の「経営情報システム」が役立ちます。

クライアント企業の課題解決をするコンサルティング的な役割も果たすシステムインテグレーターは経営情報システム分野だけにとどまらず、中小企業診断士の総合的な知識やスキルが役立ちます。

銀行

銀行は融資において多くの中小企業と取引をします。
財務分析だけを行い、借入と返済計画を立てるのは銀行員としての本質ではありますが中小企業診断士になるとそれ以上の活躍が出来ます。

経営、運営、IT、法務など総合的な知識を持った中小企業診断士は、中小企業の経営相談に乗ることで深く経営を支援することが出来ます。
お金の面だけでなく、企業の本質を理解することで融資先が優良企業なのかそうでないのかを見極めることも出来るのです。

メガバンクの銀行員ですら中小企業診断士資格取得者は多くない為、アピールポイントになることは間違いありません。
実際、中小企業診断士の資格取得を推奨している銀行はかなり多いようです。

また、FP(ファイナンシャルプランナー)、AFP、CFP、宅建とダブルライセンスを取得しておくと転職に於いても更に有利になるでしょう。

特に地方銀行は中小企業診断士が大活躍

地方銀行の顧客は地元の中小企業が多いです。
中小企業相手に事業計画を見直し、支援していくことは正に中小企業診断士の本質的な仕事です。

中小企業診断士で学んだ「中小企業経営・中小企業政策」が役立ちます。
せっかくなら大手のメガバンクに就職したいと思う人も多いでしょうが、地方銀行は地方銀行の良さがあります。
転職先として視野に入れてみると良いでしょう。

商工会議所

商工会議所は街の商業や工業の発展を支援する経済団体で、まちづくりに大きく貢献する役割を果たします。

日本商工会議所をトップとし、全国に500箇所以上存在します。
経営指導員として地域の中小企業へのアドバイスをしたり、支援をします。
商店街のイベントを企画したり、街のPR活動をして地域に人を呼び込み経済の活性化を目指します。
これらの仕事は中小企業診断士がピッタリとマッチします。

ちなみに商工会議所は資格認定もしています。
有名な資格では、簿記検定、販売士などがあります。
転職に於いては中小企業診断士とプラスして商工会議所認定の資格取得をすると良いでしょう。
(出題範囲が被るところもあるので割と取得しやすいと思います)

事業会社の経営企画

コンサルティング会社ではなくとも、社内の経営コンサルタントとも言える経営企画部への転職の道もあります。
花形の人気部署ではありますが職種未経験でも中小企業診断士の資格取得者なら経営企画部に転職できる可能性は十分にあります。

会社によって経営企画部の仕事内容は様々ですが、主には会社の経営戦略を立案する部署です。
中小企業診断士の資格取得に於いて学んだ知識をフル稼働させ、会社の経営戦略の方向性を指し示すことが出来るでしょう。

当記事筆者も事業会社の経営企画部にいました。
中小企業診断士で勉強した内容は大いに役立っていました。

事業会社の財務担当

専門性が強い部署に思えますが、中小企業診断士の資格取得のポテンシャルで転職できる可能性はあるようです。

財務部の仕事内容は、投資や借入等の資金計画を立てる重要なポジション。
中小企業診断士で学んだ「財務会計」の知識・スキルが発揮できる部署です。

ただし、職種未経験かつ中小企業診断士資格だけではアピールが弱く、簿記やFP(共に最低2級以上が望ましい)等財務会計に特化した資格も持ち合わせると良いでしょう。
難関資格の中小企業診断士と比較すると非常に簡単に取得できる資格です。











事業会社の商品開発部

テレビドラマでも良く見る会社の花形部署です。
市場調査から、新商品のコンセプト策定、商品内容、デザイン、マーチャンダイジング・・・一つ一つがヒット商品を生み出す種となります。

まさに中小企業診断士の「企業経営理論」で学んだことがバシッと当てはまります。
自分が開発に携わった商品が市場に出回り、ヒット商品となったときにはこの上ない喜びを感じる仕事です。

人気職種である為、転職活動も決して容易ではありません。
しかし、中小企業診断士という難関資格取得者は多くない為、上手くアピール出来ればライバルを蹴落として採用される可能性は十分にあるでしょう。

店舗・施設マネージャー

中小企業診断士の「運営管理」分野に密に携わるのがこの仕事。

店舗や施設の責任者として、店舗コンセプトの策定、売上や費用などの計数管理、販促キャンペーン企画運営、労務管理、人材育成、取引先先対応など様々な業務を行うやりがいある仕事です。
「運営管理」分野以外にも計数管理では「財務会計」が、労務管理では「経営法務」が、人材育成では「企業経営理論」が役立ちます。

ただし、未経験では最初はスタッフとして運営業務を覚えてから管理者に回ることが多いでしょう。
飲食店であれば、調理・接客・清掃などの中小企業診断士資格と無縁の基本業務を習熟し、副店長、店長とステップアップするのが通常です。

商工会議所が認定している販売士(リテールマーケティング検定)の資格とダブルライセンスが効果的です。
こちらも中小企業診断士と比較すると易しい資格なので、販売士2級以上の取得が望ましいかと思います。

マーケティングリサーチ会社

マーケティングリサーチ会社は企業に代わって市場調査、競合調査、消費者動向調査、ブランドイメージ調査などを行う会社。
商品開発の成功率を高め、より効果的な販促活動をする為の貴重なデータ収集の為に使われます。

中小企業診断士で学んだ「経済学」や「企業経営理論」が活かされます。
膨大なデータを収集し企業を成功へと導くマーケティングリサーチ会社への転職は、コンサルタント的な要素もあり、中小企業診断士としてはやりがいのある転職先となるでしょう。

ただし、データから得た情報を活用し、施策を打ち出していくのはクライアント企業の役割です。
その為、コンサルタント志望の中小企業診断士資格取得者には少々物足りなさを感じることもあるかもしれません。

また、自社でマーケティング部を配置させている会社も多いです。
職種未経験でマーケティング部専任で採用するケースは多くなく、事業会社の総合職として転職し、面接時に中小企業診断士の資格をアピールしながらマーケティング部志望と伝えておくのも一つの手です。

実は最適な転職採用パターンは・・・

総合職採用です。

中途採用は即戦力の職種専任エキスパートしか採らない訳ではありません。
日系企業であれば中途採用も総合職として採用し、様々な部署にジョブローテーションさせる会社が多いのです。

中小企業診断士の資格は浅く広く知識を学べます。
資格取得者はどの部署でも活躍が期待出来るゼネラリストのポテンシャルがある為、企業にとっては使いやすい人材なのです。

総合職として入社し、いずれは志望した部署への人事異動を狙う手も大いにあります。

営業会社であれば、最初は全員営業からスタートという会社も多いでしょう。
ただ、営業は特殊な資格を必要としない為、中小企業診断士のような難関資格取得者であれば営業経験後に別の部署へと異動が濃厚でしょう。






まとめ:中小企業診断士の資格が活かせない仕事はない!

これは断言できます。
営業でも、経理でも、コンビニ店長でも、タクシードライバーでも…
中小企業診断士はビジネスに関わる知識を網羅的に学習する為、どんな仕事にも役に立つ資格です。

ただし、中小企業診断士の資格取得者が転職市場に於いて有利になることは多々あっても、「中小企業診断士だから必ず採用する」という企業は無いということを忘れないでおきましょう。

中小企業診断士という難関資格+これまでの職務経歴+自身のアピールポイントが相乗効果で発揮できる職場を見つけたとき、転職に於いて最大の武器になることは言うまでもありません。

この記事で紹介した転職先は中小企業診断士がかなり有利に働く仕事ばかりです。
せっかく難関資格を取得したのであれば転職先としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。