池袋一人暮らしは高くない!池袋に住むとコスパが魅力な理由

池袋一人暮らしを検討している人へ朗報。
三大副都心であるが故にそこそこの高所得の人が一人暮らしするイメージもある池袋。
実はそんなことはありません。池袋一人暮らしはコスパが良いということをお伝えします。

当記事筆者は池袋一人暮らし歴5年。
仕事の都合上、多くの街で一人暮らしを経験してきましたが、池袋が最も住みやすく、コスパも高いということを実感しています。

ここからは池袋がコスパ高いという納得のポイントをお伝えします。

池袋は家賃相場が安い!

三大副都心であり、多くの路線が利用出来る巨大ターミナル池袋。
…のはずなのに、意外と池袋の家賃相場は高くありません。
某ランキングでは「借りて住みたい街1位」に池袋が君臨する程。
その理由はアクセス最強なのに意外にも家賃相場が安い穴場駅だから。

特に一人暮らしの方には池袋がピッタリです。
筆者の住む池袋北口は特に家賃相場が安いエリアで一人暮らしにはオススメです。

参考:池袋と比較される駅の家賃相場一覧

では実際に池袋の一人暮らし物件の家賃相場はどのくらいなのか。
比較対象となる駅と比較してみます。

■三大副都心比較
渋谷駅:12.08万円
新宿駅:10.60万円
池袋駅:8.69万円

上記のとおり、池袋がダントツで家賃相場が安い結果となります。

■山手線主要駅比較
恵比寿駅:13.31万円
目黒駅:12.08万円
渋谷駅:12.08万円
秋葉原駅:12.02万円
品川駅:10.84万円
新宿駅:10.60万円
上野駅:10.14万円
高田馬場駅:9.28万円
池袋駅:8.69万円

山手線は全体的に家賃相場が高めです。
池袋駅より家賃相場が低いのは駒込-鶯谷間だけでした。

■住みたい街ランキング上位主要駅比較
恵比寿駅:13.31万円
三軒茶屋駅:9.25万円
池袋駅:8.69万円
中野駅:8.03万円
武蔵小杉駅:7.75万円
吉祥寺駅:7.66万円
川崎駅:7.45万円

借りて住みたい街ランキングでは不動の人気駅となっている池袋駅。
上記の中でも最もアクセスが良い駅が池袋でしょう。

■豊島区主要駅比較
巣鴨駅:9.34万円
大塚駅:9.15万円
池袋駅:8.69万円
東池袋駅:8.69万円
北池袋駅:7.77万円
要町駅:7.71万円
千川駅:7.02万円

豊島区の中でも巣鴨や大塚よりも家賃相場が低いのです。
東池袋はサンシャインも近く利便性が高い為、池袋とほぼ家賃相場は同じ。
北池袋、要町は池袋から徒歩10分程度と近い為、「ほぼ池袋」として考えて良いでしょう。

上記の家賃相場は目安です。
大手不動産物件紹介サイトLIFULL HOME’Sからの情報を抜粋させて頂いております。
「ワンルーム・1K・1DK」物件の家賃相場となります。
一部情報が古い場合がございますのでご確認をお願いします。











安くてボリューミーな飲食店が多い

池袋は学生街です。
高級レストランよりも学生向けな安くてボリューミー(オマケに美味しい)な飲食店が沢山あります。

一人暮らしではなかなか毎日自炊するのも面倒だし、一人分を作るのはかえってお金がかかることもあります。

サクッと飲食店に寄り道して帰れるのは池袋一人暮らしの特権。
ローカル駅とは違って無限に飲食店があるので飽きることはありません。

大抵の飲食チェーン店は池袋に揃っています。

■池袋一人暮らしにオススメの飲食ジャンル
・ラーメン屋(激戦区です)
・中華料理店(特に池袋北口は安い本格中華が多い)
・学生向け食堂
・チェーン店のファストフード

外食も上手に取り入れることで、よりお金が貯まります。
ただし、毎日外食しているとさすがにお金もかかっちゃうので注意しましょう。
一人暮らしは健康面も心配です。程良く外食しましょう。

スーパーの物価が安い

意外に思われる事が多いのですが、池袋駅にもスーパーは沢山あります。
都心駅にありがちな高級スーパーではありません。

業務スーパー、ドンキ・ホーテ、肉のハナマサなどの格安スーパーをはじめ、
まいばすけっと、ミニピアゴなどのミニスーパーも各所にあります。
さらに、個人商店の八百屋や魚屋なども残っています。

スーパーが多く立ち並ぶということは、価格競争が勃発します。
よって、池袋のスーパーの物価はかなり安いです。

ちなみにスーパーの近くに一人暮らしすると更にオトクなことがあります。
半額シールが貼られる時間を見計らって近所のスーパーに行くと、あらゆるものが安く手に入ります。

交通費がかからない

どこで遊んでも、池袋なら大抵電車一本で帰れます。
ローカル駅と違い、終電も遅くまであります。
飲んで終電を逃しタクシー代で破産…なんて可能性も低いです。
もし終電を逃したとしても都心なのでそこまで高額にはなりません。

また、池袋で大抵のものは揃います。

遊ぶのも、映画を観るのも、飲みに行くのも、買い物するのも…全て池袋で用足ります。
池袋一人暮らしならこれらの交通費も一切かかりません。

また、仲の良い友達なら「池袋一人暮らしをしてる!」と言うとそのアクセスの良さから大抵遊びに来てくれます。
自宅飲みなら当然交通費もゼロです。

車を持つ必要なし!

池袋一人暮らしに車は不要です。
どこに行くにも電車やバスですぐに行けるからです。

「どうしても車が大好き」という人は持っても良いと思いますが、駐車場は高めです。

休日にドライブしたりアウトドアな趣味を楽しみたい人にはカーシェアリングがオススメです。
特に池袋にはカーシェアリングの車が多く、好きなときに好きな車をスマホアプリで予約して使うことが出来ます。
レンタカーのような面倒な手続きは不要なので自分の車を持っているような感覚になります。

私自身も池袋一人暮らしを始めてから愛車を売りました。
そしてカーシェアリングに切り替えて、必要な時にはすぐ予約して車を使っています。
駐車場代も維持費も車検も気にしません。






まとめ

人によっては、「池袋一人暮らしなんて家賃も生活もお金がかかりそう」なんて言われることもありますが、割と真逆です。

池袋は意外にもコスパが良く、一人暮らしだからこそ住むのにオススメの街なのです。
間違っても池袋一人暮らしするのに高年収が必要なんて思わないでください。
一般のサラリーマンで住める庶民派の街です。
都会的なイメージと庶民的なイメージが融合する池袋が大好きです。

当サイトでは池袋一人暮らしに関する情報をお届けしています。是非チェックしてください。