営業職から経理部に異動、転職して良かったこと

経理部は特殊な部署です。

営業マンが外回りして必死で商品を売る中、経理部は内勤しています。
成績優秀な営業マンは表彰され、成績不振な営業マンが上司に怒られている中、経理部は我関せず。一日中お金を見ています。

当記事の筆者は現役経理マン。
営業を経て、希望しない突然の人事異動で経理部へ。
最初は経理部に異動が嫌でした。
自分には向いていないと思っていました。

異動して5年が経過する今。
経理部に異動して良かったということも沢山あることに気付きました。

現役経理マンが思う経理部に異動して良かったことをまとめてみます。
経理部に異動、転職したい人も参考になれば嬉しいです。











専門知識が習得できる

経理という職種は専門職です。
会計、財務、税務といった奥深い知識を実務において学べます。

営業職では会社や業界特有の商品知識は学べますが、ある程度学んでしまえば後は会社の為に売り込むだけ。
営業スキルが高まることは財産ですが知識としては経理部ほど奥深く学べないでしょう。

また経理部で身に付けた知識は他社でも共通のものです。
実務経験を積むうちに知識も身に付くのは経理部で良かったと思います。

簿記資格も取れる?

会社によっては経費で資格学校に通わせてもらえて簿記取得できるところもあるようです。

経理部としては最低でも簿記2級は取得しておきたいところです。

たとえ会社の経費で資格学校に通わせてくれなかったとしても、日頃の実務である程度の簿記知識は身に付きます。
独学でも簿記2級は簡単に取得出来るでしょう。

ちなみに筆者は経理部異動前に独学で簿記2級を取得したので苦しみました…
経理実務経験後ならもっと短時間で合格できたのは間違いありません。






家計の管理も強くなる

経理部で得たお金に関する知識は日常生活でも役立つことがあります。

たとえば、家を買うとき、確定申告をするとき、相続をするとき…
経理部で学んだ知識は活かされます。

また、コストカットの感覚も自然と身に付きます。
資金計画を立て、家計の毎月の費用、投資、貯蓄のバランスを取っていくことは会社の経理をすることと比較すれば余裕なはずです。

転職しやすくなる

どこの会社にも経理部はあります。
会社以外でも、病院、学校、任意団体においても経理職は必ず存在します。

そして、どこの経理部も大抵似たような仕事をしています。
よって、経理部で知識と経験を積めばどこの会社の経理部でもある程度は通用する為、転職がしやすいと言えるでしょう。

経理部の仕事はときに激務だったりストレスが大きかったりで、「こんな会社辞めてやる!」と思うこともありますが、
経験を積めば転職という道も広がることを考えるとなんとか頑張れます。

実務経験3年がカギ

転職サイトで経理部の募集を眺めていると、「経理実務経験3年以上」
を条件とするところが多いです。

経理部に異動し、他社への転職も視野に入れたいのであれば3年実務経験を積むまでは頑張ってみましょう。

会社の全体像がわかる

お金の動きは会社の動きとリンクします。
会社が動くときには必ずと言って良い程、お金も動きます。

経理部にいると会社経営の根幹が学べます。
さらにはどうやったら会社が儲かるのかも分かってきます。
経理部が会社の資金を出すためには、社内の事業計画を読んで判断する為、事前に「この計画はうまくいきそう!」とか「こんなに利益は出ないはず。」など分かるようになります。

経理部は経営者です。
会社経営に興味がある私にとっては経理部に異動して良かったことのひとつです。






残業代が稼げる

私は経理部に異動してから残業時間が倍増しました。
平均で月40時間程度。
決算の繁忙期になると月100時間程度の残業時間になります。

これだけ残業時間が増えるのは望んでいないので、良いことではありませんが…
その分残業代が倍増したことは良かった点と言えます。

同じ経理部でも会社によって残業が多いか少ないかはバラつきがあるでしょうが、
少なくとも多くの人員を配置してもて余すような部署ではありません。
また、決算となるとどの会社も残業時間増、休日出勤は免れないでしょう。

残業代で買いたいものを買う余裕ができたことは経理部で良かったと思います。

経理部は残業代をつけやすい?

営業や企画などの部署ではみなし残業代となることも多く、残業時間分がそのまま残業代として反映されないケースもよく聞きます。

経理部でみなし残業制度はあまり聞きません。
(事務職は基本的に社内にいることが多いため、みなし残業の適用には相応しくありません)

その為、経理部は残業代を100%貰いやすいという点で「稼ぎやすい部署」とも言えるでしょう。

他部署に頼りにされる

営業マン時代は自分の売上の為だけに仕事をしていました。
たしかにお客様に感謝されることはありましたが、他部署に感謝されたことはありませんでした。

お客様に感謝されることも大切ですが、社内での評価を上げたいなら他部署からの評価も気になるところ。

経理部の仕事は経理部にしか出来ません。
経理の専門知識は他部署の人はほとんど持っていません。下手すると社長や役員でも数字が苦手な人は沢山います。

だからこそ経理部には権力があり、頼りにされていることを実感できる部署です。
(勿論、経理部は時には嫌われ役となることもあります。)

仕事の飲み会が少ない

圧倒的に仕事の飲み会が多いのが営業職。
異動・転職・採用による歓送迎会、売上目標達成の飲み会、忘年会、そして何より大変な接待…

会社の部署の費用で飲めることも多いですが、時には自らの財布を開いて出費したり、部下が出来ればご馳走しなければならない。
飲み会が多い部署はお金の面でもツライです。

当然、飲み会は残業代の対象とならない為、接待のように実質は仕事の一部でもタダ働きとなることも多いでしょう。
忘年会シーズンは連日の飲み会になることも多く、自分の時間が一切なくなることも。
さらに大量のアルコール摂取は健康面でも心配です。
ましてやお酒が苦手という方にはかなりツライことでしょう。

経理部は飲み会が少ない部署です。
少なくとも経理部が他社の接待をすることはありません。
会社にもよるでしょうが、社内の飲み会も多いという話は聞いたことがありません。

忘年会シーズンは多くの会社の経理部は四半期決算を迎え、仕事に追われていることが多いです…

出張が極めて少ない

事務職共通ではありますが、出張が少ない部署です。

全国を飛び回る営業マンはカッコいいですし、
各所で美味しいものを食べられて良いなぁと思うことも確かにあるのですが…
実際は出張続きは体力的にもしんどく、24時間拘束されるのに残業はつかない(出張手当はつく)、嫌いな上司とも一日中一緒にいなくてはならない…
など大変なことも多いです。

一方、経理部のように社内に一日中いるツラさもありますが…バランス良いのが一番ですね。






まとめ

経理部は地味な部署かもしれません。
営業のように新規契約を取る喜び、お客様に感謝される喜びなどはありません。

その代わりに、経理部に異動して「地味に」良かったことが沢山あることを実感しました。
他部署と比較できるものではありませんが、経理部はとっても良い部署です。

当サイトでは経理部に関する情報をお届けします。是非チェックお願いします。