合コン、街コン後の女性からのお誘い!女性を傷付けない断り方

女性からお誘いされるのは嬉しいもの。
合コンや街コンのあとに女性の方から食事に誘ってきたら男性としては喜ばしいことです。

その反面、女性のことがタイプではなかったら?
或いは合コンや街コンで出会った他の女性のことがお気に入りだったら?

その女性からの誘いに乗るわけにはいきません。
(特に合コンでは女性同士は友達の場合が多いため、同時に複数の女性と食事には行けません。バレます。)
嬉しい反面、困ってしまうことも。

そんなとき、
出来るだけ女性を傷付けない断り方があればなぁと思いますよね。

当記事では、合コンや街コンで出会った女性から「今度ご飯行きませんか?」と誘われたときの断り文句をまとめます。

「仕事が落ち着いたら行きましょう」

とりあえず先伸ばしにして女性の熱意を落ち着かせる断り文句。

明らかな断りではない為、女性も傷付くことはありません。
ただし、逆に期待させてしまうこともあるでしょう。

とにかく激務をアピールして、
「この人と付き合ってもデートする時間ないんだろうなぁ」と思わせれば女性の方から去っていくものです。











「予定が詰まってて…再来月あたりだとどうですか?」

一瞬は自分に興味がないからやんわり断ってるのかなーとも察してくれるでしょうが、
本当に先約があるなら仕方ないとも思ってくれるでしょう。

つまり、そこまで女性を傷付けることない断り文句でしょう。

再来月まで待ってくれる女性は多くありませんし、その頃にはお互いに約束していたことすら忘れてしまいます。

「来週から長期の海外出張なんです」

エリートビジネスマンならリアルにこんな仕事もあるでしょう。
三ヶ月海外に…戻ってきたらご飯行きましょうなんて言われても逆に女性を困らせてしまう断り文句です。

その間に女性に彼氏が出来るかもしれません。
一度もデートしていない男性のことを数ヵ月も待ってくれる女性はなかなかいません。

これなら女性を傷付けることなく諦めさせることが出来ます。

「身内に不幸があって…」

嘘はあまり付きたくないものです。
ただ、嘘も方便。女性を傷付けたくないという心からつく嘘は悪いものではありません。

同じ会社の女性にはつけない嘘ですが(出社しているかバレてしまうので)、
合コンや街コンで知り合った女性であればバレません。

身内の不幸なんてときに、デートの誘いをグイグイとしてくる女性はさすがにいないでしょう。
こちらも予定を先伸ばしにして女性の熱を冷ます断り文句です。

「仕事のシフトが決まったら連絡します」

世の中にはシフト制の勤務形態の人も沢山います。
シフト制の人は勤務表が出るまでは先の予定が組めないのは誰でも理解してくれるでしょう。

土日が仕事になることもあれば、平日も夜までのシフトになることもあるでしょう。
実際にシフト制勤務の人であればかなり使える断り文句です。
飲食店、小売業、サービス業などであればシフト制も納得です。

ただし、合コンや街コンで仕事の話をするときには要注意です。

まとめ:熱を冷まさせるのが正解

ここで紹介した断り文句は全て、女性の熱意を冷ますもの。
「アタックしたけどあっさりフラれた…」よりも、
「予定が合わなくてこっちの気持ちが冷めちゃった…」の方が女性自身のプライドも守ることが出来ます。

あまりよろしくはないですが、はっきり断らずに先伸ばしにすることは男性にもメリットがあります。
たとえば、他に狙っている女性がいたけどダメになってしまったとき。
ハッキリ断っていない段階ならこちらからお誘いすることも出来ます。
(こんなケースから意外と本気の恋愛に発展するパターンもよく聞きます)

まぁ街コンや合コンで出会った女性は基本的に二度と会わない可能性が高いのでその後の気まずさなどは気にしなくて良いのですが…
やっぱり女性のことは傷付けたくないですよね。

女性からの食事の誘いに迷う悩めるモテモテ男性。
是非ともここで紹介した断り文句を使ってみてください。