経理部は激務?残業は?現役経理部が教える激務レベル

経理部にどんなイメージをお持ちでしょうか。
売上ノルマに縛られる営業マンから見ると、「ずっと内勤で楽そう」「ノルマもないしストレスなさそう」と思う方もいるかもしれません。

私自身、営業マンだった頃はそんなイメージもありました。
当記事筆者は現役経理マン。
不動産賃貸営業マン、経営企画部を経て人事異動で経理部配属となりました。

経理部が激務かどうかは会社によって異なります。
ただし、他の職種と比較すると経理部の仕事はどの会社も似た仕事となります。
一般的には経理部は激務になりやすい部署と言えるでしょう。

当記事では、経理部が激務になりやすい理由をお伝えします。
そして気になる経理部の残業時間や休日出勤の実態も書かせて頂きます。

経理部はどんな仕事をしている?

前提として、経理部・財務部と分かれている会社と分かれていない会社があります。
経理部、財務部ともにお金を扱う仕事なので他部署から見たらわかりにくいのでザックリまとめます。
会社によってどちらの部署が担当か変わる場合もあります。

経理部 → 会計伝票作成、支払、出納、税金計算、債権督促、財務諸表作成、給与計算
財務部 → 資金計画策定、資金調達、財務諸表分析、決算見通しの作成、予算案策定男には休日は無い

さらに経理部・財務部の他に経営企画部、人事部(給与計算)がこれらの業務の一部を担当することもあります。

とにかくお金に関することを経理部は担当します。
会社経営においてお金は最も重要です。
経理部は会社の動きを経営層以上に知れる部署。
その為、経営層からも意見を求められたり経営幹部としての役割を果たします。

社長や経営層であっても経理知識は乏しいことも多いだけに、経理部の仕事は専門性を求められる仕事となります。











残業時間、休日出勤実態は?

会社によっても異なります。
そして経理部の業務性質上、時期によっても異なります。

ここでは筆者自身の残業時間や休日出勤実態をまとめました。

通常期(決算期以外)

経理部の仕事は通常期(閑散期)と繁忙期がハッキリとわかれる仕事です。
これはどこの会社の経理部も同じでしょう。

まずは通常期をご紹介。
本決算・中間決算・四半期決算月を除いた月とします。
※決算月は会社によって異なります。一般的に最も多いのは4月-3月が会計年度となります。

残業時間:月20時間から40時間程度
休日出勤:ほぼ無し。月初の土日どちらかは出勤するか平日で代休消化。
実態:月末月初は終電まで働くこともあります。その分月中は定時に帰ることもあり。

繁忙期(決算期)

さて、気になる繁忙期の激務をご紹介します。
ここでは本決算の月を書かせて頂きます。

残業時間:月80時間から100時間程度 ←過労死レベル…
休日出勤:本決算は月4日程度。代休消化は難しい。
実態:毎日終電間際まで働き、土日もどちらかは出る。高熱が出ても働くほど激務。

他部署と比較するとなかなかハード。
筆者の会社も経理部が年間で最も残業が多いです。

会社が大きくなりグループ会社ができると連結決算がある為、残業時間も増加傾向になります。
また、管理職ともなればさらに残業時間や休日出勤も増えるパターンが多いでしょう。

上記データは大きい会社の経理部では平均値くらいかと思います。
あくまで参考までに。

正月、GWは休日出勤を免れない

経理部の休日は土日祝日という会社が殆どでしょう。
平日休みという経理部は聞いたことがありません。
これは、銀行の営業日と合わせる為です。

しかし、経理部は月初に決算という激務イベントがあります。

正月、GW(ゴールデンウィーク)は必然的に月初になる為、決算です。
筆者の場合は、以下の休日パターンが一般的です。
 

正月 → 12月31日から1月2日まで休み。
ゴールデンウィーク → どこかで1日休み。

世間が7連休や10連休の中、経理部は激務真っ只中。
1日か2日休めれば御の字というところ。
周りの友達が正月やゴールデンウィークの楽しそうな予定を立てている話を聞くと虚しくなります。

通常、会社の会計年度は4月はじまりが多いですが、1月はじまりの会社もあります。
1月はじまりの会社であれば正月はもっと激務になるでしょう。

その分の代休は平日に取得していますが、なかなか全ては消化できないのが現状です。

花見は深夜の夜桜をひとりで…

毎年、花見の時期は本決算の激務真っ只中。
この時期は土日も確実に休日出勤している為、友人からの花見の誘いは全てお断りです。

終電もしくはタクシーで深夜に帰宅中、夜桜を一人で眺めることになります。
お花見好きにとっては経理部の仕事はなかなか酷です。

激務レベルMAX、本決算の恐怖

激務の決算業務の中でも最高峰が本決算。年度の締めを行います。
社内の債権債務を洗い出し、正確な決算をしないといけません。

さらに大変なのは、予算到達ギリギリのとき…
社長、経営層がいち早く決算の結果を知りたいとドキドキしています。
それだけにミスが絶対に許されないのが本決算。

本決算の激務エピソード

残業時間や休日出勤の数字だけでは測れない激務エピソードの一部をご紹介。
すべてノンフィクションです。

・40℃の高熱が出ても休まない同僚。
・シャワーを浴びにタクシー帰宅し、3時間寝て出勤。
・1週間連続で日が変わる前の退社は無し。
・経験したことのない謎の胃痛に毎日悩まされる。
・出張でもないのにビジネスホテル生活が許される。(会社費用負担)
・本決算後にうつ病を発症した上司。
・夢でも数字ばかりを追っている。ミスする夢を見る…

経理部の本決算は本当に激務です。
他にも激務な仕事や部署もあるでしょうが、私自身の経験上では経理部の決算は最高の激務度です。

何故経理部は激務になりやすいのか

他部署と比較し、経理部は激務になりやすい傾向があります。
その理由をまとめます。

人件費をかけられない部署だから

経理部は管理部門。
営業部と違い、売上はゼロです。

会社としては売上がないのに経費だけを使う経理部のコストは極力抑えたいところ。
いくら激務だから、残業が多いからといってもなかなか人件費をかけられないのです。

繁忙期と閑散期がハッキリわかれるから

経理部は月末月初の決算は残業が多いですが、月中は割と落ち着きます。
人員を増やすことで繁忙期の残業は減りますが、閑散期は不要な人員増となります。

月初だけアルバイト・パートを雇うなどが出来れば良いのですが…
そんな都合の良いアルバイトはなかなか見つかりません。
専門性が高い為になかなか難しいです。

会社の機密情報を取り扱うから

経理部は社内の機密情報を扱います。
社外は勿論のこと、会社の他部署の同僚が知らないあらゆる情報を知ることとなります。
その為、誰もが入れる部署ではなく、信頼できる人間しか配属させません。

機密情報を握る人間は少ないに越したことはありません。
また、不正会計やインサイダーなどを行わない為にも経理部は少数精鋭が望ましいのです。

専門性の高い部署だから

経理部の仕事は専門性が高いです。
会計の世界は非常に奥深いのです。

経理未経験者が1年目から即戦力になることは不可能でしょう。
外部の経験者を採用することも多いですが、誰でも入ることは出来ない為、人員不足になり激務になりやすいのです。

まとめ:経理部は激務な分、やりがいもある仕事

経理部の激務なところばかりをお伝えした感じになってしまいましたが、
月中には定時に帰ったり、平日に代休取得したりとメリハリをつけてリフレッシュしています。

会社の重要な仕事を担っている責任感、やりがいを感じることも出来ます。
また、経理部の経験は他部署や他社へ転職しても役立つ仕事です。

筆者の経験上も最も激務なのが経理部ですが、
営業や経営企画は別の大変さもあるので比較しようがありません。

経理部でもそこまで激務ではない会社もあるでしょうし、転職したい方は会社を見極めると良いでしょう。
あまりの激務は体を壊すのでオススメしません

経理部に異動・転職を考えている方の参考になれば幸いです。

当サイトでは経理部に関する情報をお届けします。
是非チェックしてください。