サザエさん症候群にならない為の日曜夜の過ごし方

金曜日夜のハイテンションから一転。
日曜夜になると明日からの仕事が脳によぎり憂鬱な気分になることをサザエさん症候群と言います。

日曜夜のテレビ番組代表サザエさんを観るだけで明日から仕事だ…と憂鬱になります。
そんなサザエさん症候群、誰でも経験があるのではないでしょうか。

土日休みの人は月曜から金曜まで5連勤。土日2連休というスタイルが一般的ですよね。
毎週のように金曜夜のハイテンションと日曜夜の憂鬱が来ます…

当記事筆者はサザエさん症候群に悩まされていました。
しかしこの記事で紹介する日曜夜の過ごし方を実践することでサザエさん症候群から脱出することが出来ました。

今回は、日曜夜が憂鬱な人へサザエさん症候群にならない為の日曜夜の過ごし方を紹介します。

日曜日の夜に予定を入れてみる

日曜の夜は翌週からの仕事に備えて予定を入れないという人もいますが、
そんな行動こそサザエさん症候群になりやすいのではないでしょうか。

私自身、サザエさん症候群に悩まされていた頃は日曜夜は予定を入れず大人しくしていました。

日曜夜に楽しみなイベントがあれば憂鬱な気分になりません。
サザエさんが放送されている時間は家から離れて現実を考えないようにしましょう。

飲みに行ったり、友達とパーティーをしたり、趣味を楽しんだり・・・
アクティブに休日を過ごすことでサザエさん症候群になりにくくなります。

サザエさん症候群にならない為に最も大切なことはサザエさんを観れない環境に身を置くことかもしれません。











家事に専念して忙しく過ごす

日曜日夜に予定が入れられなかったとき。
家で一人で過ごすと嫌な仕事のことや上司の顔を思い出して憂鬱になります。
そんなときは一人で時間を持て余すよりは家事に専念するのがオススメ。

掃除、洗濯、ゴミ捨てなど、とにかくやるべきことを片付けましょう。
家事は今日やらなければどうせ明日以降にやらなければならないこと。
早めに片付けて後悔することはありませんよね。

サザエさん症候群にならない為には家事はオススメです!
テキパキ家事をこなすことは月曜日からの仕事のウォーミングアップにもなるでしょう。

晩酌して早めに寝る

当然ですが、寝ている時間はサザエさん症候群になりません。
どうしてもやることがなく仕事のことばかり考えてしまうときは早めに寝るのが一番。

来週から仕事なのにお酒なんて・・・
こんな真面目すぎる考えを持っている人ほどサザエさん症候群になりやすいです。

二日酔いになるほどの飲みすぎは仕事に支障が出ますが、
早い時間に少量の晩酌をしてたっぷり寝ることは、むしろ良いコンディションで仕事に取り組めます。

夕方頃から晩酌すれば早い時間には眠くなるでしょう。
月曜からの仕事に向けてたっぷりと睡眠時間を確保しましょう。

オススメしないのは仕事の準備

日曜日の夜にまで仕事の準備をする必要が本当にあるでしょうか。
パソコンも資料もない中、どれだけの仕事の準備が出来るでしょうか。

ただでさえ明日からの仕事で憂鬱なのに、中途半端な仕事の準備をすると「あれもやらなきゃ」「あの仕事大丈夫だっけ?」と不要な不安ばかりが生まれます。
そして、その不安を解消する術はないのです。

休日はたっぷり休んで、どうしても仕事の準備がしたいなら月曜朝早めに出社した方が効率が良いです。
サザエさん症候群にならない為には日曜日は仕事のことを一切忘れましょう。

まとめ:無理して仕事を好きになろうとしなくて良い

上記の行動を心がけた結果、サザエさん症候群は治りました。
ただ、仕事が好きになった訳ではありません。

理想を言えば、仕事が楽しくて仕方ないという精神状態へ変化できればサザエさん症候群にはならないでしょう。
ただ現実的には仕事を好きになるのは簡単なことではありませんし、
無理に好きになる必要もないと思います。

文字を太文字にして背景色を付け下線を付けるサザエさん症候群になる人は、
平日も仕事で憂鬱な上に休日まで仕事のことを考えて憂鬱になってしまう神経質な人です。
人生を損してしまっています。

仕事は大切ですが休日はもっと大切!サザエさん症候群から脱出しましょう。