池袋一人暮らしの世間のイメージは?よく言われる台詞まとめ

3大副都心であり、日本屈指のターミナル駅でもある池袋。

飲みに行ったり遊びに行くイメージは強い池袋ですが、近年は借りて住みたい街ランキング一位を獲得するほど「住む街」として注目されています。

池袋で一人暮らし。
世間からはどんなイメージがあるでしょうか。

今回の記事は、池袋を愛し池袋一人暮らしを続けて5年。
私自身が会社や合コンなどで「池袋で一人暮らししている」と伝えたときに言われた台詞をただまとめてみました。

池袋一人暮らしを検討している人、参考にしてみてください。

「池袋に住んでるなんて家賃高そう」

これはやはり結構言われます。
そして結構嬉しいですね。

私自身は高所得な訳でもないですし、
そもそも池袋の一人暮らし物件はそこまで家賃相場高くないのですが。
普通に正社員で働いている人なら住めない家賃ではないと思います。

家賃が高そうと思われることは特に見栄っ張りの人には嬉しいでしょう。

池袋に住みたいけど家賃が高く、池袋に一本で行ける西武線、東武線ユーザーからすると池袋は憧れの地。
この台詞はプラス評価でしょう。

リアル池袋は意外とレア!?

「池袋で一人暮らししている」というとたまに聞かれるのが、
「最寄りは何駅なんですか?」という会話。

池袋と言っても、北池袋・東池袋・要町・雑司ヶ谷・椎名町など一駅歩いたところも世間的には池袋と呼ばれます。
(池袋と言った方が伝わりやすいため)
リアルに最寄り駅が池袋の人は意外とレアかもしれません。

合コンで最寄り駅も池袋と伝えると、「家賃高そう」と驚かれることもあります。











「池袋で一人暮らしなんて憧れ」

埼玉県民からの台詞。
池袋で遊んでいる人の大半は埼玉県民と言われるように、埼玉の人からすれば池袋は憧れなようです。

東京都民や神奈川県民は池袋にあまり憧れを持ちません。
そもそも遊びに行くならあえて池袋までいかないのでイメージすら薄いです。

大混雑の埼京線に乗り、都内まで勤務している埼玉県民にとっては池袋で一人暮らしは羨ましくて仕方ないでしょう。
通勤も楽・帰りの終電も気にしなくて済みますから。

「池袋に住んでるなんてチャラい」

グサッとくる台詞。
「池袋=歓楽街」、そんなところで一人暮らしなんてパーティーピーポー的なとこでしょうか?

はたまた、男性一人暮らしであれば、色々な女性を自宅にお持ち帰りしやすいでしょう。
実際にそういった目的で住んでいる人もいるかもしれません。
チャラいと思われるのも無理はありません。

池袋が本当に好きで一人暮らししている私からすれば迷惑なイメージです。

「池袋って治安とか大丈夫なの?」

昔の池袋のイメージはカラーギャングが池袋西口公園で闘争。
危険な薬の売買が日常茶飯事…

テレビドラマ池袋ウエストゲートパークのイメージが強すぎますね。
名作ドラマですから…

勿論、今では池袋はそんな治安が悪い街ではありません。
しかし、知らない人からすればなかなかイメージは消えません。
私もドラマのファンだったのですが池袋のイメージダウンになってしまったところを考えると複雑です。

「池袋なんて全然行かないからよくわからない…」

港区、中央区などに住んでいる人からの台詞。
あのエリアに住んでいる人がわざわざ池袋に来る用はありません。

当然、「家賃高そう」なんて言われることもありません。
港区や中央区の方が高いですから。

「池袋って埼玉じゃないの?」
みたいな台詞すら聞こえてきそうです。

池袋はまだまだ田舎。
ダサいというイメージも少なからずあるようですが、そんな意見は無視しましょう。

まとめ:未来の池袋のイメージは…

池袋に対する世間のイメージは向上しつつあります。

これからの池袋は再開発が進み、さらにイメージアップするでしょう。

世間のイメージにとらわれて物件探しをするのは良くないですが…
やはり「池袋に一人暮らししてるなんてスゴイ」と思われたいのが本音です。

池袋で一人暮らしは絶対オススメです。
利便性や家賃相場を総合するとこれ以上のところはないんじゃないかくらいに…個人的には思います。

当サイトでは池袋一人暮らしに関する情報をお届けします。