経理に転職するなら英語力は必要?TOEICスコア目安は?

ひと昔前と比べて、経理の求人票の採用要件に「ビジネス英会話ができること」や「TOEICスコア●点以上」など英語力を問う企業が増えたような気がします。

日本企業で働いていた人の多くは英語が苦手という人が多いでしょう。
海外出張する営業マンや商社マンならともかく、経理マンは会計や税務の勉強だけでも精一杯。

経理経験者が転職する際、英語力は重視されるのでしょうか?
内定や年収査定に英語力はどれほど関与するのでしょうか?

【前提】最重要なのは、経理実務経験

英語力に自信がない人へ。
まず安心して欲しいのは転職においても最重要視されるのは経理実務経験です。
どれだけ英語が得意でも、経理未経験者だったり日商簿記3級レベルの経理知識がない人材が重宝されることはありません。

経理実務経験があり、要求される経理知識を持った上で、英語力がある人材が転職しやすいのです。

とはいえ、経理の中途採用の求人票の「必須条件」や「歓迎条件」が増えているのは事実。
当記事で、より深く分析していきます。











なぜ、経理の転職に英語力が重視される?

経理という職種のみならず、グローバル化を促進していく企業では英語力が期待されます。
国内取引のみでの成長には限界があり、海外進出を狙う企業は圧倒的に増えています。

輸入・輸出を伴う取引では、経理が請求書の処理をしたり海外送金をします。
海外に支店や工場を構えれば、経理が出張や転勤の可能性もあります。
さらには現地法人の設立があれば、経理を理解できる人材が不可欠です。

経理の中途採用は即戦力かつ会社の将来を担う存在として期待が掛かります。
確実にグローバル化が進む時代において、英語力のある経理マンは将来性のある人材として重宝されるのは当然です。

どんな企業が経理に英語力を求めている?

特に英語力を期待されるのは外資系企業、大手企業です。
業種的にはIT、商社、金融、小売、製薬などの業界では会社を問わず英語力が評価されやすいです。

また、経理の一般職には英語力を求めなくてもマネージャーなど管理職レベルになると求められる場合もあります。

反対に中小企業や、古くから国内取引だけで安定した収益を得ている企業などは英語力を要求しない傾向にあります。
これらの企業はグローバル化時代の流れとともに今後英語力を要求するようになるでしょう。

経理転職で求められるTOEICスコアは?

経理で必要とされる英語力は「ビジネス英語ができるレベル」です。
業務のメインは日本語での経理の仕事であって、特殊な会社でない限りは日常的に英語を使うことはなさそうです。

TOEICのスコアとしては600点〜700点レベルを求められることが多いでしょう。

日々の仕事で全く英語を使わない人にとってはTOEICスコア600点はかなりの難関です。
独学でも可能ですが、少なからず日常生活の一部を犠牲にして勉強時間を割くことは必要となります。

経理マンは会計、税務、財務など日々勉強することが多い職種です。
さらに英語力もつけるのは容易ではありません。

TOEICだけじゃない!今注目したい資格はBATIC

英語力を証明する資格はTOEICだけではありません。
経理に役立つ英語チカラが証明できる資格といえばUSCPA(米国公認会計士)やEA(米国税理士)もありますが、かなりの難易度と高額な資格取得費用で挫折者も多い資格です。

経理の転職市場において徐々に知名度を増しているのがBATIC(国際会計検定)です。
カンタンに言えば、英語版の簿記検定です。

問題文はすべて英語で出題されるので、英語力の証明になります。
また、IFRS(国際会計基準)での出題になるので、グローバル化にあたり国際会計基準の導入を目指す企業にはBATICスコアは重宝されます。

まだまだ知名度の低い資格の為、求人票に直接「BATICスコア●以上必須」との記載は極めて珍しいですが、履歴書や職務経歴書に載せればアピール材料になるでしょう。

【関連記事】簿記1級かBATICか。日商簿記2級の次の資格は?【関連記事】簿記1級かBATICか。日商簿記2級の次の資格は?【関連記事】簿記1級かBATICか。日商簿記2級の次の資格は?

転職で求められるBATICスコアは?

TOEICであれば●点台という区分けで評価されるのが一般的でしょう。
BATICも同じスコア制ですが、スコアによってランクが付与されるのが特徴です。

■BATICスコア別のランク
200~319点:Bookkeeper(ブックキーパー)
320~699点:Accountant(アカウンタント)
700~879点:Accounting Manager(アカウンティングマネージャー)
880~1000点:Controller(コントローラー)

経理の転職で評価に値するのは上位2ランクのコントローラーレベル、アカウンティングマネージャーレベルとなります。
つまり、BATICスコアは700点以上となります。
日商簿記1.5級レベル(※ただし工業簿記は出題範囲対象外)+TOEIC500点レベルの英語力で取得可能です。

テキストを購入して独学で合格も可能ですが、IFRSという特殊な会計理論を使用する為、ポイントを抑えて効率的な勉強時間で合格するには資格学校や通信教育を受けたほうが合格への近道です。

資格以外で英語力をアピールする方法はある?

TOEICやBATICのスコアは堂々と履歴書や職務経歴書に載せて英語力をアピールできますが、資格がなくても英語力をアピールする方法は沢山あります。

たとえば、経理の仕事で英語を使った経験があれば詳細を職務経歴書に書きましょう。
経理ではなく別の部署で仕事をしていたときの経験でもオッケーです。

他にも留学経験、ボランティア活動、ホームステイ経験などで英語圏の国で生活していた経験などもアピールできます。

多くの企業が求める英語力レベルは、ビジネス英会話ができるレベル。
TOEICやBATICのスコアはあくまで目安であって、これらの資格がないとできない仕事はありません。
つまり、英語に関する資格がないからといって良い人材を採用しないということはまずありません。

転職面接で英語力詐称はバレる?

TOEICやBATICのスコアを誤魔化すのは論外です。
証明書の提出を求められるケースは少ないでしょうが、もし求められれば提出義務があります。
仮にバレずに転職し、入社後にバレてしまえば社内での信頼が永久に失墜することは言うまでもありません。

英語力詐称して転職しても、ツライ想いをすることには変わりありません。
中途採用は即戦力を期待されます。「英語が得意」と嘘をついて転職した人材には、英語を使う仕事を任されるのは当然です。

転職先に英語ができる人がいれば、英語力を詐称して転職したのでは?とバレてしまうかもしれません。
転職は内定がゴールではなく、転職先で活躍できることがゴールです。
英語力詐称しても良いことは何もありません。絶対にやめましょう。

【さいごに】経理も英語力が必須になる時代はやってくる

当記事では経理の転職において英語力が必要か?という論点でまとめました。
大企業や外資系企業をはじめとした半数近い企業が英語力を求める時代になっています。

今後はより一層英語力を求める企業が増えることは間違いないでしょう。
経理の実務で英語を使わないとしても、昇進や昇給において英語力を求められることもあるでしょう。

経理マンとして会計や税務の知識習得を継続していくのも大切ですが、英語の勉強もしていかなくてはなりません。
英語ができないビジネスマンは「使えない人材」として烙印を押される時代はもうすぐ到来します。
もし英語に苦手意識を持っているなら、今すぐ勉強をはじめましょう。