経理がBATICを取得するメリットがスゴイ

経理職をしている人にはBATIC(バティック)の資格取得をオススメします。
上手く活用すれば実務対応も、出世も、転職による年収アップも叶えてくれるのがBATICです。

BATICは国際会計基準検定。
カンタンに言うと英文簿記検定です。
世間的にはまだまだ知名度の低い会計資格です。

今も昔も経理の資格として最も有名なのは、日商簿記検定です

BATICは経理の世界では注目されている資格です。
当記事では経理職がBATIC資格取得するメリットについて書き綴ります。

海外取引の処理ができるようになる

BATICの試験はすべて英語で出題されます。
会計に関する英語はおおよそマスターできるようになります。

日系企業でも海外との取引は少なからずあるでしょう。
請求書や契約書などの英語を読み解くチカラはこれからの時代の経理マンには必要な能力です。











国際会計基準を知ることでグローバル化に対応

国際会計基準を取り入れる日本企業も徐々に増えてきています。
今いる会社もいつ国際会計基準が導入されるかわかりません。

BATICは国際会計基準IFRS(イファース)を学びます。

近い将来、すべての会社が国際会計基準となる日が来るでしょう。
BATICでいち早く国際会計基準を勉強しておくことでグローバル化に対応しやすくなります。

社内の評価アップに繋がる

どの会社もグローバル化に対応できる人材は重宝されます。
当然、英語スキルは求められます。

英語ができる人材はどこの会社にも存在しますが、英語と会計の両方を理解している人材はほとんどいません。
そこで、英語と会計の両方のスキルが問われるBATICは注目資格となります。

BATICはスコアによって4つのランク付けをされる為、どのランクを持っているかで評価は変わります。

■BATICスコア別のランク
200~319点:Bookkeeper(ブックキーパー)
320~699点:Accountant(アカウンタント)
700~879点:Accounting Manager(アカウンティングマネージャー)
880~1000点:Controller(コントローラー)

社内でも評価に値するのは最上位のコントローラーレベル、次点のアカウンティングマネージャーレベルです。

海外部門の経理を担当できる

既にグローバル化が進んでいる企業では、海外駐在で経理担当をするポストを置いている場合もあります。

経理が出来る人は沢山いても、海外で仕事できるスキルがある人は少ないです。
普通の人には出来ない仕事であることから、高年収が期待できます。
また、滅多に経験することのできない貴重なやりがいある仕事をすることになります。

海外駐在の経理には英語力や国際会計基準の理解は必須です。
様々な説がありますが、BATICの問題文の英語を理解するにはTOEIC700点レベルの英語力が必要とも言われます。
BATICでコントローラーレベルを取得しておくと良いでしょう。

外資系の経理へ転職できる

BATICでハイスコアを取得できれば、履歴書に書くことができます。
特に外資系企業の経理にはBATICの需要性は高く、転職に有利に働きます。

転職市場で評価に値するのもやはり上位2ランクでしょう。
外資系の経理は高年収なケースも多く、経理の転職でも年収アップを狙えるチャンスです。

ちなみに、外資系企業でなくともBATICは転職に有利になります。
【関連資格】経理の転職で英語力は必要?外資系以外もBATICが有利

USCPAや簿記1級の足掛かりにも

会計は勉強し続けてナンボの世界。
経理マンならUSCPAや日商簿記1級など人に誇れる難関資格も手に入れたいところです。

BATICは最上位のコントローラーレベルであってもこれらの難関資格ほどの地位はありません。
それでも、かなり出題範囲が重なるので難関資格取得の足掛かりになります。

USCPAも簿記1級も取得コストや時間を考えるとコスパの悪い資格です。
それに引き換え、BATICは最上位のコントローラーレベルでも1年勉強すれば取得可能なコスパの良い資格です。
まずはBATICコントローラーレベルを取得してから臨みましょう。

【まとめ】経理職の将来はBATICが必須になる!

将来性を考えると、経理に必要なのは英語力と国際会計基準の理解です。
BATICはこれらのスキルがあることを証明してくれる資格です。

経理の仕事をしているなら、BATIC受験はオススメです!

知名度が上がればBATICの難易度向上や合格率の調整も考えられます。
資格取得を目指すなら早めに行動したほうが良いでしょう。