営業から内勤デスクワークに異動して3キロ痩せたダイエット術

今から数年前、バリバリ外回りの営業マンだった私が内勤デスクワークに異動になりました。
異動先は経理部で一日中数字ばかりを見て動かない部署。
オマケになかなかの激務部署で残業も多い…

仕事以上に不安だったのは太ってしまうこと。
何故なら、営業マンから内勤デスクワークに異動してからブクブクと太り出す人を何人も見ているからです。

営業からデスクワークに異動した人はだいたい太るよ。
内勤デスクワークに異動したから太ったと思われたくない!

その一心ではじめたダイエット術が大成功しました。
営業マン時代より3キロ以上痩せた体重をキープしています。
私の体験談より、デスクワーク向けの「決して無理をしない」ダイエット術をご紹介します。

デスクワークにはこんな悲惨な声が…

まずは世間の声を見てみましょう。
デスクワークの人はダイエットに悩んでいます…

特に異動や転職で動く職種からデスクワークに異動した人は悲惨なことになります。
でもカンタンに仕事は変えられませんし、ツライですよね。











仕事中はひたすらロングブレスダイエット

ひと昔前に大流行したロングブレスダイエットの効果がスゴイです。
他のデスクワーク向けのダイエット方法とは違い、長く息を吐き続けるだけなので絶対挫折しません。

慣れれば何のストレスも感じずに自然とロングブレスダイエットができるようになります。
仕事に没頭しながらロングブレスダイエットをすることもできるので、デスクワークの人には最もオススメのダイエット方法です。

デスクワーク向けのロングブレスダイエットの詳しいやり方などは下記記事にまとめています。
【関連記事】内勤デスクワークは簡単ロングブレスダイエットが成功しやすい

階段出勤で一石二鳥のダイエット

私のオフィスはビルの10階です。
出社時刻の9時前になればエレベーターも大混雑…
エレベーターに並ぶくらいなら階段をのぼればダイエットにもなる上に時間短縮にもなる為、挫折しません。
一石二鳥のダイエットです。

10階まで階段をのぼるカロリー消費量はおよそ40キロカロリー。
1ヶ月間の出社日すべて階段をのぼって出社すれば約800キロカロリーが消費されます。
これだけでもかなり大きいですよね。

着目すべきはカロリー消費量だけではありません。
階段をのぼって出社したあとは体が熱くなります。これは代謝が高まっている証拠。
出社してデスクワークをはじめても代謝が高い状態が続くので体が勝手にカロリー消費を続けるのです。

座る姿勢を乱さない

ジムで頑張って1時間トレーニングするより、毎日8時間のデスクワークの姿勢を改善するほうがダイエットには効果的です。
背もたれは使わず常に姿勢を正すクセをつけましょう。

姿勢改善のメリットはダイエットだけではありません。
周囲から見ても姿勢が良い人のほうが「仕事がデキそう」、「きっちり仕事をこなしそう」という良いイメージがつきます。

複合機の前で背伸びエクササイズ

デスクワークの人にとって一番歩く機会が多いのはデスクと複合機の往復ではないでしょうか。
プリントアウトしたりスキャンしたり、少なからず複合機の前で数秒の時間を潰しているはずです。

ここで背伸びエクササイズ(かかとの上げ下げ)をしましょう。

座りっぱなしは血流が滞ってしまいむくみが生じます。
ふくらはぎのエクササイズは全身に血液を送ることができるので、一気に代謝が高まりダイエット効果に繋がります。

複合機の前で5回背伸びエクササイズするだけでも効果はあります、
多少変な目で見られるかもしれませんが、ダイエットの為には耐えましょう。

デスクに置くのは強炭酸水とミンティア

デスクワークでは殆どの人がドリンクを置いています。
ジュースが太りやすいのは勿論ですが、コーヒー(ブラック)・お茶・水といったカロリーゼロのドリンク以上にオススメなのが強炭酸水です。

デスクワークは動かないストレスにより必要以上の空腹感を感じて食べ過ぎる傾向にあります。
強炭酸水を500ミリリットル程飲むと満腹感を得られてデスクワーク暴食をストレスなく防ぐことができます。
もちろん、炭酸水自体にカロリーはないので太りません。

異動したての頃はデスクにお菓子を置いていた私ですが、ミンティアに置き換えました。
デスクワークのストレスでイライラしたときにミンティアを一粒食べると落ち着きます。

ちなみに、ミンティアのカロリーは一粒0.5キロカロリー程度とかなりの低カロリー。
バカ食いするものでもないので、ダイエットには適していると言えます。

食事量を減らす

当たり前かもしれませんが、ダイエットの為に食事量は減らしました。
営業マン時代のように歩き回ることがないので、消費していない分食べる量を調節しなくては太ってしまうのは当然のことです。

私の場合は営業職から経理への異動なので、接待や飲み会の機会が激減しました。
仕事関係の飲みでは自分でメニューをコントロールできない為、過食になることも多々ありました。
また、食べたくもないのに飲みのあとのラーメンに付き添い…なんてこともなくなりました。

こんな付き合いがなくなることはデスクワークの大きなメリットです。
つまり、内勤に異動になったことは食生活をダイエット向きに変えるチャンスです。
内勤デスクワークになったことを機に食生活を見直しましょう。

残業になるときはデスクで軽食を!

ダイエットに最も良くないのは夜遅い時間の食事。
何も食べずに残業してしまい、退社後に空腹で暴飲暴食…そんな経験あると思います。

定時チャイム後にデスクで軽食を取ることは許される会社なので、6時頃に軽食を取ります。
そうすることで、残業で遅く帰っても食べすぎることはなくなるので結果的にダイエット効果が高まります。

■残業時にデスクで取る軽食例
・カップスープ
・春雨ヌードル
・ワンタン麺
・スープパスタ

これらの軽食は低カロリーでダイエット向きなことは勿論、保存できることも大きなメリットです。
会社に置いておくことをオススメします。
急な残業になったときにも食べれますし、逆に残業しないで早く帰れるときには後日に回すことができます。

仕事後はジムに直行!

仕事で疲れたからジムに行けない…
残業なければジムに行くのになー

こんな気持ちは営業マン時代には納得できました。
しかし、デスクワークは仕事で疲れているとはいえ体は一切使っていないのです。
早々に帰宅して体を休める意味なんてありません。

むしろジムで体を動かすことが凝り固まった筋肉をほぐし、疲れが取れるのです。

デスクワークは一日の大半を座って過ごしています。
これは体にとても悪いことです。
可能であればジムで立って出来るエクササイズをしましょう。

内勤デスクワークの人がやってはいけないこと

さいごに、内勤デスクワークがダイエットに失敗する王道パターンをご紹介します。

仕事中のお菓子タイム

休暇中のお土産や取引先からの手土産などが社内で循環します。
デスクワークは大抵自席にいるので沢山お菓子を受け取ることになります。

自分で食べず、家族や友達にあげましょう。

お菓子をもらう→食べる→お返しに買う→自分も食べる→.. .
太る為の負の連鎖が起きないよう気をつけましょう。

部署の仲間と一緒になってお菓子を頬張ってはいけません。

繁忙期でダイエットを諦める

「ダイエットに失敗する人 = ダイエットを諦めた人」です。
続ければ早かれ遅かれ結果は出ます。

繁忙期を言い訳にして運動を辞めたり、食生活をおろそかにしてはいけません。

諦めた瞬間にダイエットなんてどうでも良くなってしまいます。
堕落した生活に慣れてしまえば抜け出せなくなります。
逆に言えば、諦めなければダイエットは必ず結果がでます。

周りの人に合わせる

営業マンはコミュニケーション能力かわあり、アクティブな人が多いです。
クライアントにも会うため、だらしない身体にならないようにダイエットを頑張る人も多いです。

反面、内勤デスクワークの人は社内の同じメンバーばかりに会うため、痩せなきゃいけないという意識は低いです。
周りの低い意識に合わせてしまってはダイエットは成功しません。

短期間でダイエットしようと必死になりすぎること

残念ながらデスクワークである以上ダイエットには不利です。
「2週間で5キロやせる!」とか「友だちの結婚式までに10キロやせる!」みたいな無理な目標はNG。

営業職などと違ってダイエットできるチャンスは少ないということは理解しておきましょう。
短期間で高いダイエット目標を立てると挫折してしまいます。
計画的に長期間でダイエットを目指しましょう。

【まとめ】デスクワークでもダイエットはできる。

私の経験談ではありますが、営業から内勤デスクワークに異動してもダイエットはできます。
しかも、激務でもダイエットはできます。

太る人は意識が甘いだけです。
この記事がデスクワークダイエット志願者の参考になれば幸いです。