本社経理と支店経理の違いは?出世コースは?

同じ経理の仕事でも本社経理と支店経理では仕事内容が全く違います。
それなりの規模の会社では全国に支店を持つ会社もあり、本社経理と支店経理で仕事の役割分担をしています。

会社内であれば誰が「本社経理」で誰が「支店経理」なのかはわかりますが、一歩会社を出れば同じです。
本社経理の人も支店経理の人も、「経理の仕事をしています。」と話すでしょう。

当記事では、一見わかりにくい本社経理と支店経理の違いについて書き綴ります。
会社によっては仕事内容や役割分担に多少の違いがあることを理解しながら読み進めて頂くようお願いします。

経理と言えば、女性の仕事のイメージかな。
実は本社経理は男性のほうが多いよ。
支店経理との違いは沢山あるんだ。

本社経理の仕事内容まとめ

本社経理とは、その名のとおり本社にある経理部のことです。
各支店や部署の経理を取りまとめる役割であり、会社のお金を握る部署です。

一般的に大企業の本社経理はエリート部署と呼ばれることが多いでしょう。

■本社経理経理の仕事内容例
・決算業務
・支店経理が作成した伝票承認
・支店経理社員の育成・問合せ対応
・開示書類の作成
・予算案作成
・税金計算、書類作成
・財務計画作成
・借入金調達
・監査対応
・株主総会
・経営戦略立案

色々ありますが、全社のお金に関する専門的で難易度の高い仕事をする本社経理。また、本社経理は経営戦略にも携わることが多いです。

勘違いされやすいのは、本社経理は伝票を作ることはあまりないのです。
あくまで支店経理・部署の経理担当が作成した伝票に誤りがないかチェックしたり指導する社内警察のような役割を果たします。

何故本社経理はエリート部署?

会社経営にとって最重要とも言える「お金」を扱う経理部。
信頼のない人間を本社経理に配属させる会社はありません。
また、決算業務・財務・税務などの業務は難易度が高く、頭の回転の良さが問われます。
社内トップクラスの頭脳や学歴を持つ人が本社経理に配属されます。

また、お金の動きが理解できれば管理職や役員に昇進してから即戦力となります。
本社経理は会社から期待されているエリート部署です。











支店経理の仕事内容まとめ

支店経理は決算をすることはなく、本社経理へ正確に情報を与える役割を果たします。

■支店経理の仕事内容例
・支払伝票作成
・売上金の入金
・請求書作成
・経費精算
・小口現金管理

支店経理は自店のお金に関する諸業務を行います。
ルーティン業務が多い中、正確かつスピーディーに仕事をこなすことが求められます。
実際に取引先担当者との請求書のやり取りを行う為、リアルにお金の取引の流れがわかります。

支店経理はエリート部署ではない?

残念ながらエリート部署とは呼べないでしょう。

しかし、支店経理の仕事も簡単ではありません。
簿記の基礎知識、会計システムの理解、エクセルやワードなどのパソコンスキルも求められます。
支店経理だからといってミスをして良い訳ではありません。お金のミスは会社の信用問題になります。
一般的な事務職よりはハイレベルが要求されます。

支店経理で経験を積み本社経理に異動することも多いです。
このケースは支店経理としての実績が認められて本社経理へ栄転と捉えて良いでしょう。

本社経理と支店経理のレベルの違いは?

本社経理は支店経理よりも強い権限を持ちます。
支店経理が作成した伝票にミスがないかをチェックし、承認するのが本社経理です。

支店経理が業務でわからないことがあれば質問するのは本社経理になります。
本社経理は支店経理以上の会計知識を求められます。

本社経理で仕事をするなら最低でも簿記2級以上の会計知識は必要です。
正しく会計処理をするだけでなく、決算数値を読み解くチカラも必要ですし、非常に厄介な税金に関する知識も必要となります。
本社経理になれば常に勉強し続けなくてはなりません。

また、本社経理と支店経理では扱う金額も違います。
支店経理は自店の取引のみですが、本社経理は設備投資や税金など億単位のお金を扱います。
それだけ本社経理には大きな精神的なストレスがかかります。

本社経理と支店経理の残業時間の違いは?

本社経理は会社の決算を締める大きな役割があり、決算期には深夜残業や休日出勤も余儀なくされる程の激務部署です。
会社によって異なるものの、本社経理の平均残業時間は30時間から60時間程度となるようです。
閑散期と繁忙期のバラつきが大きな部署の為、決算期には残業時間が100時間を超える過労死ゾーンに突入する本社経理部員もいます。
本社経理は精神的ストレスだけでなく肉体的ストレスも大きいのです。

一方、支店経理はそれほど残業時間が長くなることはないでしょう。
月次のルーティンワークがメインになるので残業時間も安定します。
平均残業時間は10時間から20時間が一般的です。
決算期には取引の増加に伴い、プラス10時間程度残業時間が増えることもあります。

上記のように本社経理と支店経理では残業時間が大きく異なります。
たとえるなら、国家公務員は激務で地方公務員は定時上がりしている人が多いのと同じです。
しかし、世間的にはどちらも同じ公務員です。

【関連記事】経理部は激務?残業は?現役経理部が教える激務レベル

本社経理と支店経理の年収の違いは?

仕事内容に違いがある分、やはり年収にも差があります。
本社経理の平均年収は非管理職で約500万円、管理職で約700万円程度です。
※会社の規模や残業時間によりバラつきがあります。

経理の仕事は一般的な事務職よりは高年収な傾向にあります。
支店経理では本社経理より平均年収で100万円程度下がる見込みで考えると良いでしょう。

【まとめ】本社経理と支店経理は似て非なるもの。

ご紹介したように本社経理と支店経理では仕事内容、要求されるレベル、年収、残業時間などに差があります。

必ずしも本社経理が良いとは思いません。自身のライフスタイルによっては支店経理のほうが魅力に感じるでしょう。
管理職・役員昇進を目指してバリバリ働きたいなら本社経理で働けるのはチャンスですが、プライベートも大切にして程々のストレスで働きたいなら支店経理のほうが魅力でしょう。

当サイトでは経理部に関する情報をお届けしています。是非チェックお願いします。