経理部は外出や出張はある?銀行やセミナーの頻度は?

内勤事務職の経理部は外出や出張とは縁遠い部署。朝から晩までオフィスでひたすらデスクワーク。
営業や広報などは毎日のように外出し海外出張、国内出張で飛び回っているのが時々羨ましく感じることもあります。

考えてみてください。
一日中同じ経理部メンバーと顔を合わせ、パソコン、電卓、経理書類を見つめる日々。目に映るのはお金ばかりです。
嫌な上司や同僚がいれば毎日が息が詰まる想いで、たまには外出や出張をしたくなるものです。

おそらくこの記事に辿り着いた人は経理部もしくは経理部志望で、「たまには外出したい。」と考えているのではないでしょうか。

当記事では経理部の外出や出張パターンをまとめました。
※会社によって異なる部分はあるのでご了承ください。

経理部の外出先で最も多いのは銀行回り!

経理部の仕事と切っても切り離せないのが銀行。取引先と現金の受渡しをする訳ではありませんし、社員への給料も現金渡しではありません。
すべて銀行を通してお金のやり取りが成されます。

支払や記帳はネットバンキングを通じて行えるようになったものの銀行窓口でないと出来ない業務も発生する為、まだまだ経理部の銀行外出は無くなることはありません。

■経理部の主な銀行業務
・税金、公共料金の支払
・通帳記帳
・手形、小切手処理
・売上現金の入金(現金払が発生する業態のみ)
・借入(融資)の相談

借入相談などを除く銀行廻りは1時間程度で完結することが多い為、オフィスにこもりっぱなしの経理部員にとっては銀行への外出がちょっとしたリフレッシュになるでしょう。
窓口を並んでいる時間は特に経理部員がやることはない為、ボーッとしたり本を読んだり軽くサボりが出来ます。

通常、重要性の低い銀行廻りは経理部長・課長クラスが担当することは少なく、新人経理部員や若手経理部員が行くことが多いでしょう。

なお、複数の銀行口座を持っている会社であれば当然ながら経理部の外出機会は増えます。
月末、決算期、納税時期においては銀行回りの機会が増えるでしょう。

経理部が税務署に外出する機会はある?

経理部の仕事は税金がらみの難しい仕事が多く、税務担当の経理部員であれば税務署とやり取りする機会も多いです。
しかし、実際に外出して税務署に出向く機会は意外と少ないのです。会社によっては年に一度も税務署に行かないこともあり得ます。

何故経理部が税務署に外出しないかと言うと、それなりの規模の会社であれば顧問税理士がついていて決算書類は税理士にチェックしてもらえば良いからです。

■税務署ですること
・確定申告
・税務相談
・納税証明書発行

実際に税金を払うのは銀行やインターネットで済みます。
税金関係でわからないことは税務署に直接聞くよりも顧問税理士に聞いたほうが良いに決まってます。











支社、支店の会計チェックで外出・出張はある。

大企業であれば全国に支社や支店があります。
支社や支店の会計が正しく行われているかをチェックするのは経理部の重要な役割です。

■経理部がチェックするポイント
・現金の取扱いは適切か。
・固定資産がきちんとあるか。
・金庫の取扱い、カギの管理は適切か。
・会計書類がきちんと保管されているか。
・商品券や切手など資産となるものがないか。
・商品の棚卸しがきちんと行われているか。

こうした業務は監査の前段階のチェックであり、実際に外部監査が入ったときに常に対応できる状態にする為に経理部が巡回します。

極端な例では、支店の固定資産となるテレビを廃棄していたにも関わらず報告をしていない場合、本社にいる経理部には情報がない為に永遠に不正の決算書類を作成し続けることとなります。
故意ではなくとも、監査が入れば指摘されます。
こうした不正会計を防ぐ為にも経理部が外出して目で見てチェックすることも必要なのです。

大企業の会計に関する不祥事が多発していることからも、ますます重要性が高い業務になると予測されます。

会計セミナーや研修受講での外出もある!

経理部は常に勉強が必要な部署です。
会計のキホンの簿記の勉強をはじめ、税金、財務などの専門知識を勉強することも必要です。

一度勉強すれば終わりではありません。
税法が改正される度にセミナーで学び直す必要があります。

経理部の仕事に役立つセミナーは全国各地で行われています。
基本的には会社から遠くない会場でのセミナーになりますが、外出の機会はあるでしょう。

資格学校に通学させてもらえることも。

社内の人事異動で経理部に配属になった場合、簿記の基礎知識がなければ仕事が務まりません。

かと言って、経理部の先輩が付きっきりで簿記の研修をする程のヒマはありません。
会社の費用で資格学校の簿記講座に通学させてもらえることもあります。
資格学校通学になれば当然外出になります。

※会社規定によって異なります。通信教育の場合もあれば、休日を利用して資格学校通学になることもあるでしょう。

経理部の海外出張はある?

残念ながら経理部の会議出張は聞いたことがありません。が
海外と取引のある会社は多いですが、経理部が海外出張に出向く機会はないでしょう。

海外に支社や工場などがある場合は出張の機会がある可能性はあります。

【まとめ】経理部の出張への夢は遠い…

支店や支社があるかどうかで外出頻度は変わってきます。
店舗ビジネスを運営している会社では毎日のように全国でお金が動きますし、抜き打ちで経理部がチェックに行くこともあるでしょう。

長年経理部に勤める私からすると、とにかく外出がしたいです。
できれば出張して全国各地で美味しいものを食べたいです。でもそんな夢はなかなか叶いそうにもありません。

当サイトでは経理部に関する情報をお届けしています。是非チェックお願いします。