ディズニー嫌いな彼氏をディズニーデートに誘う魔法のテクニック

女性が大好きな夢の国ディズニー!
しかし、男性には女性のディズニー好きが理解できない人も多いです。
それどころかディズニーが嫌いな男性も多いです。

ディズニー好きな女性なら、「彼氏とディズニーデート」するのは憧れ。
ただ、現実に彼氏にディズニーデートに誘うと嫌がられる…

そんな悩みを持つ女性の為に、何とかディズニー嫌いな彼氏をディズニーデートに誘う魔法のテクニックをご紹介します。

目次

【はじめに】そもそも彼氏は何故ディズニー嫌いなのか考えましょう。

女性と男性は思考が違う生き物。
どれだけディズニーデートをしたいと伝えても彼氏が嫌がるのには理由があるはずです。

・待ち時間が退屈だから。
・アトラクションにスリルが足りなくてつまらない、もしくは苦手だから。
・ディズニーキャラクターに興味がないから。
・ディズニーキャラの被り物や着ぐるみが恥ずかしいから。
・レストランの食事の量が少ないから。
・そもそも出不精で疲れるから。

大抵はこれらの理由に当てはまるのではないでしょうか。
彼氏は何を理由にディズニーデートを嫌がっているのでしょうか。その理由を把握した上で誘い方を変えてみましょう。

では、ここからは具体的な誘い方をパターン別に紹介します。











お酒好き彼氏に。「ディズニーシーならキレイな景色を観ながらお酒が飲めるよ!」

ディズニーにお酒のイメージはないかもしれませんが、ディズニーシーならお酒の販売をしています。
意外にもお酒の種類も沢山用意されています。

えっ!?ディズニーシーってお酒飲めるの?
うん。ビール、ワイン、ウイスキー、ブランデー、ハイボール、日本酒、焼酎、梅酒、カクテルがあるよ!一緒にディズニー飲みしよ!

あえて「ディズニーデートしよう」ではなく「ディズニー飲み」という体で彼氏を誘いましょう。
特にカクテルの種類が豊富で、ディズニーでしか味わえないオリジナルカクテルで乾杯するのもディズニーデートの醍醐味です。
ただし、アトラクションに並びながら飲酒するのは禁止です。ご注意ください。

並ぶの嫌いな彼氏に。「アトラクション待ち時間はゲームしよう!」

行列の出来るスイーツやカフェなど、並ぶことを楽しいと思っている女性。
一方で並ぶことに慣れていなくて、じっとしていられない男性。

ディズニーデートで避けて通れないのがアトラクションの待ち時間。
ディズニーデートすると待ち時間が原因で別れるという都市伝説もあるくらいです。

ただ待っているのが耐えられない彼氏には、はじめからゲームを用意してワクワクするイメージを植え付けておきましょう。

ディズニーってアトラクション並ぶでしょ?あれが耐えられないんだよね。
大丈夫だよ!待ち時間二人で楽しめるゲームの本を買ったからあっと言う間だよ!

オススメはゲームの本などを買って事前に少しだけ彼氏に見せておきましょう。
ワクワクするイメージを持たせておけば、待ち時間問題は解消です!

ディズニーキャラ興味なし彼氏に。「隠れミッキーさがしで勝負しよう!」

女性はディズニーキャラクターが大好きです。
ミッキーの耳をつけてパーク内を歩き回ったり、キャラクターと写真撮影したり、お気に入りのディズニーキャラクターグッズを買って帰ったり…
想像しただけでテンションが上がりますよね。

でも、彼氏はどうでしょう。
残念ながら大抵の男性はディズニーキャラクターに全く興味がありません。大の大人の男性にディズニーキャラクターを好きにさせるのも無理があります。
そこで、隠れミッキーさがしを提案してみましょう!

ディズニーキャラクターかー。ミッキーとか別に興味ないんだよなー。
ディズニーには隠れミッキーがいるんだよ!どっちが多く探せるかランチを賭けて勝負しよう!

男性は勝敗のかかったゲームが大好きです。また、宝探しも大好きです。
きっと彼氏も例外ではありません。
ディズニーデートにゲーム性を持たせて彼氏を誘いましょう。

アトラクションに魅力感じない彼氏に。「タワー・オブ・テラーは絶叫好きでも怖いって有名だよ!」

特に絶叫好きな彼氏にとって、「ディズニーのアトラクション=スリルがなくてつまらない」というイメージがあるでしょう。
たしかにディズニーのアトラクションは全体的にはスリルが足りないものが多く、富士急ハイランドなどと比べたら絶叫好きには物足りません。
しかし、絶叫好き彼氏でも充分に楽しめるディズニーアトラクションも沢山あります。

■ディズニーシーの絶叫系アトラクション
・タワー・オブ・テラー
・センター・オブ・ジ・アース
・レイジングスピリッツ

 

■ディズニーランドの絶叫系アトラクション
・スプラッシュマウンテン
・スペースマウンテン
・ビッグサンダーマウンテン

 

ディズニーアトラクションって並ぶ割に全然怖くなくてつまらなそう。
タワー・オブ・テラーに乗ったことある?独特なスリルで絶叫好きでも怖いって有名なんだけど私怖くて…○○君と一緒なら頑張れるかも…
よし!僕が守ってあげるから任せといて!(よし、カッコイイところを見せるチャンスだ!)

こんな誘い方なら、ディズニー嫌いの彼氏でも一度乗ってみたいと思ってくれるかもしれません。
男性は彼女に頼られたいもの。こんな誘い方なら「絶叫アトラクションも余裕な頼れる彼氏」ということを見せつけることが出来るため、誘いに乗ってくれるでしょう。
全体的にはディズニーシーのほうがスリルのあるアトラクションが多いような気がします。
絶叫系ディズニーアトラクションはどれも人気が高いので待ち時間を覚悟しましょう。

大食いの彼氏に。「ディズニーには美味しいビュッフェレストランがあるんだよ!」

ディズニーなど女性をメインターゲットとしたテーマパークのレストランってどうしても男性には量が少なくて満足しないもの。
特に大食いの彼氏にはディズニーレストランは似合いません。

ディズニーのご飯って大食いの僕には物足りなそうだなぁ。
ディズニーには美味しいビュッフェスタイルのレストランがあるの。行ってみよう!

実はディズニーにはビュッフェスタイルで食事が楽しめるレストランがあります。

■ディズニーリゾートにあるビュッフェレストラン
・シャーウッドガーデン・レストラン(東京ディズニーランドホテル)
・オチェーアノ(ディズニーシー・ホテルミラコスタ)
・クリスタルパレス・レストラン(ディズニーランド)

大食いの彼氏はテンションが上がること間違いなし!
ビュッフェを口実にディズニーデートに誘ってみましょう。

もうどうやってもディズニーデート無理な彼氏には…

魔法のテクニックを紹介しましたが、それでも駄目なら奥の手があります!
何としてでも彼氏をディズニーデートに誘いたい場合は使えるテクニックですが、代償もあるので注意しましょう。

「誕生日プレゼントの代わりにディズニーデートでいいから行こう!」

彼女の誕生日には好きなところに連れて行ってあげたいと思うはずです。
彼氏が誕生日デートの計画を立ててくれる前にこちらからディズニーデートを提案してみましょう。

プレゼントの代わりにまで言われてしまえば、さすがに彼氏も断りにくいでしょう。

「男友達にディズニー誘われたから二人で行っても良い?」

彼氏がどうしてもディズニーデートに行ってくれないのだから、他の男性と行っても仕方ないですよね。
彼氏を嫉妬させて許可をもらう作戦です。
勿論、男友達にディズニーに誘われたというのは嘘でも構いません。

「今度あなたの趣味の競馬場デートに付き合ってあげるからお願い!」

交換条件の提示です。
彼氏の趣味にも付き合う代わりにディズニーデートをしてもらいましょう。

お互いの趣味を楽しみ合うのはカップル円満に良いことです。

「前に浮気されたの許してあげるからお願い!」

彼氏に貸しがあれば、首を横に振れません。
このディズニーデートで貸しは帳消しになりますが、どうしても行きたいならこの誘い方もアリです。

やってはいけないディズニーデートの誘い方。

次は、ディズニー嫌いな彼氏には通用しない誘い方をまとめておきます。参考までに。

「私がディズニーを案内してあげるから!絶対楽しいよ!」

どんなに案内されても、興味がないものは興味がないのです。
張り切って案内されることでかえって温度差を感じてしまいます。

たとえば、自分が興味のないアーティストのライブを熱狂的ファンの友達に「超かっこよくてハマるよ!私が教えてあげるから行こう!」と誘われても温度差を感じてしまいませんか?
まだ「私もあまり知らないんだけど、友達もオススメしてるアーティストだから一緒に行ってみない?」と誘われたほうが行く気になりませんか?

「ディズニーキャラクターかわいいよ!パレードもとってもキレイ!」

女友達をディズニーに誘うなら有効ですが、彼氏には通用しません。
そもそも可愛いものやキレイなものに興味がありませんから。女性とは生まれ持った感覚が違うのです。

「ちょっとくらい私の趣味にも付き合ってよ!」

趣味を強要しても良いことはありません。
ディズニーデートでテンションが上がる彼女とテンションが下がったままの彼氏。

たとえディズニーデートが実現したとしても温度差でストレスを感じてしまうでしょう。
「こんなに楽しいはずのディズニーデートなのに何でそんなテンション低いの?」とケンカになってしまうかもしれません。

【まとめ】ディズニー嫌いな彼氏へオススメはディズニーシー!

ディズニー嫌いな彼氏にディズニーデートを誘うのは簡単ではありません。
彼氏のタイプに合わせて計画的に誘いましょう。

ディズニーランドとシーでは、誘いやすさではシーに軍配が上がります。

■ディズニー嫌いな彼氏にシーをオススメする理由
・お酒が飲めるから。
・建物よりも海の景色が男性向けだから。
・スリルのあるアトラクションが多いから。

ディズニー嫌いな彼氏を上手く乗せて、夢のディズニーデートが実現できるよう応援しています!