【体験談】1人スノボバスツアーは恥ずかしい?満喫テクニックと注意点

人生初の1人スノボにいってきました。
しかも、バスツアー。

これまで、1人スノボバスツアーに参加することに抵抗はありました。
1人スノボは寂しいし、なんと言っても周りの目が気になります。
「あの人友達いないのかな?」とか「1人スノボバスツアーなんてキモイ」とか噂されそうで…

結論、1人スノボに行って良かったです。とってもオススメですよ。

私の1人スノボ初体験談と満喫する為のテクニック、注意点を書き綴ります。

【自己紹介】スノボ歴やレベルなど

まず最初に私自身の自己紹介をさせて頂きます。

属性:30代男性・会社員
スノボ歴:約10年
頻度:1シーズン2〜3回程度
レベル:中上級レベル(カービング、一般レベルのグラトリ、ボックスやレールなどのパーク、小さめのキッカーでワンメイクが出来る程度)

ざっくり言うと、そこそこ滑れるスノボ好きの30代男です。

ちなみに今まで経験したことのあるおひとりさま系は…
1人映画、1人カラオケ、1人ダーツ、1人居酒屋などです。











1人スノボバスツアーに行こうと思ったきっかけ

3月中旬。今シーズン中にもう一回くらいスノボ行けたらなぁと考えていたところ。
急遽平日代休を取れることになりました。
しかも、前日に決定。せっかくの平日スノボはゲレンデも空いているし、行きたい欲が溢れました。

一応、スノボ好きな友達数人に声掛けてみるも、平日・しかも前日にオッケーをくれる友達などいませんでした。

そこで思い切って、1人スノボバスツアーに参加する決意を固めました!

1人スノボバスツアーの予約は簡単!

前日予約になりましたが、1人ということもあり空席は結構ありました。
平日ということも大きいと思います。

おひとりさまのバスツアー参加NGというツアー会社はありませんでした。

ネットでカンタン予約!入金を済ませ、翌日朝発の1人スノボバスツアーの手配完了です。

いざ出発!1人スノボバスツアー初体験談

やはり前日夜はドキドキして寝付きが悪かったです。たっぷりスノボを楽しめるワクワクと、1人スノボバスツアーへの恥ずかしさや不安がありました。

バスの相席は同じくおひとりさまのおじいさん

バスツアー集合場所で無事に受付完了。
バスに乗り込むと座席表が貼ってあり、予約代表者の名前ごとに座席わけされているのでそれぞれのグループが何人組かが一目瞭然でわかります。
私ともう1人、私の隣の席の人がおひとりさまのようでした。

バス内を見渡すと平日の3月ということもあり大学生らしき若い人が多いです。
大学生のサークルメンバーらしきグループやカップルなどが大半を締める中、おひとりさまでバスに乗り込みます。

隣のおひとりさまはまだいない様子。
もし隣の人が変な人だったらどうしよう…(一人でスノボバスツアーに参加するくらいだから変な人かも)

ドキドキしながら待つと隣は60代くらいのおじいさんで少し安心しました。
変に話しかけられるのも嫌なのでバスの道中は居眠りを決め込み、スノボに向けて体力保存です。

平日なので道路混雑もなく予定どおりの時間にゲレンデ到着です。

ゲレンデ到着!おひとりさまスノボを満喫!

バスがゲレンデ到着後、すぐに着替えを終えてゲレンデへ!
平日の3月ということもありゲレンデは空いています。
リフト待ちもなく快適!(ハイシーズンの土日祝はリフト待ち時間が長くてうんざりします)

お気に入りの音楽を聴きながらノリノリで滑ります。
コースにも人がいないので周りに気を遣わずフルスピードで滑走!
自分の好きなコースを好きなように滑り、グラトリの練習もバッチリできます。
1人スノボバスツアーの醍醐味ですね。

寂しさを感じる1人スノボバスツアーのランチタイム

最初はランチ抜きでひたすらスノボに打ち込もうと思いましたが、そこまで若くありませんでした。

しかもノンストップで滑りまくってるのでお腹も空いてきます。
おひとりさまランチは慣れていますが、ゲレンデレストランでのおひとりさまランチは初で少し寂しいのでピークタイムを過ぎた14時にランチ。

大学生らしき若者が数組、楽しそうに会話しています。
ふとビールが目に入り、私も1杯。

ゲレンデの雪景色を観ながら一人で乾杯です。
普段友達とスノボに行くときは車で行くのでお酒は飲みません。
ランチにビールを楽しめるのもバスツアーならではです。

後半もしっかり滑って人生初の1人スノボバスツアーは終了

ランチビール後に気持ち良くなってスノボすると意外にも滑りが良くなります。
ノリノリでスピードを出して滑るのはサイコーに幸せです。

時間いっぱいスノボを楽しんで、帰りのバスも爆睡…
こうして人生初の1人スノボバスツアーを終了しました。

1人スノボバスツアーに参加する際の注意点

楽しかった1人スノボバスツアーですが、いくつか注意すべき点を学びましたのでまとめます。

・バスはとにかく寝る時間にする(話しかけられないようにイヤホンやアイマスクがあると尚良し)
・恥ずかしさは捨て、とにかくスノボを楽しむこと。
・ランチはピークタイムを避けること。

1人スノボバスツアーのメリット・デメリットまとめ

私の体験より、1人スノボバスツアーのメリットとデメリットをまとめます。
 

■1人スノボバスツアーのメリット
・友達とスケジュール調整をしなくて済むので行きたいときにすぐ行ける。
・直前でもバス予約を取りやすい。
・自分のペースで自由に滑れる。
・好きな音楽を聴きながらスノボができる!(大音量は危険です。注意しましょう。)
・安い(ただし、平日に行ければ)

■1人スノボバスツアーのデメリット
・話し相手がいないのはやっぱり寂しい。
・周りがグループでワイワイしているこを見ると切なくなる。
・ツアーのスタッフさんに「1人です」というのが恥ずかしい。
・おひとりさまランチが恥ずかしい。
・朝寝坊しても誰も起こしてくれない。

平日休みがあれば1人スノボバスツアーはオススメです!

スノボが好きでウズウズしている人は、思い切って1人スノボバスツアーに参加しちゃいましょう!
元々スノボは1人プレイのスポーツです。友達がいようといまいと関係ありません。

私は1人スノボバスツアーは最高に楽しかったのでまた行きたいですが、平日に限ります。

土日はよりおひとりさまの寂しさを感じるでしょうからオススメできません。