大人数合コン幹事からランチの誘いは怪しい。ネットワークビジネス関係者?

社会人の合コンではメンバー全員が友達とは限りません。
合コン幹事が様々な繋がりの友人を誘って合コンメンバーを集います。

それ自体は不思議なことではないのですが、社会人の合コンには怪しいニオイがすることがあります。
その怪しいニオイとは、ずばりネットワークビジネスです。

当記事で書きたいのは、大人数の合コン後、幹事から「ランチ」の誘いがあれば要注意ということ。
私自身、合コン幹事からランチのお誘いを頂き、ランチしたらネットワークビジネス関係者だったことがあります。
ちなみに異性の幹事・同性の幹事両方からのランチの誘いの経験があります。

そんな経験を基に、大人数合コンの幹事からランチの誘いがあった場合ネットワークビジネス関係者なのか。
書き綴ります。あくまで素人の見解です。

そもそも大人数の合コンということ自体がちょっと怪しい。

男女の出会いを目的とした普通の合コンなら3対3や4対4が相場。
5対5以上の大人数の合コンはそもそもネットワークビジネスのニオイがします。
人数が多い方が意中の異性に出会える可能性は高まりますが、5対5は多すぎます。

もちろん、幹事がネットワークビジネス関係者であろうと合コン自体がネットワークビジネスの勧誘の場ではありませんのでご安心ください。











飲みじゃダメ?ランチの誘いはネットワークビジネス関係者の常套手段。

何故飲みではなくランチなのか。
それは、ネットワークビジネス関係者にとってランチの方が時間とお金が掛からずに勧誘できるからです。

ネットワークビジネス関係者は勧誘活動に忙しく、とにかく時間がありません。
一人でも多くの人と会って勧誘活動をする為、時間を無駄にはできないのです。

ネットワークビジネスの勧誘は多くの人に断られます。
ランチで勧誘見込みがあるかを見極め、ダメなら次にいくまでです。

「お茶の誘いは怪しい」とネットワークビジネス関係者も自覚している説。

ネットワークビジネス関係者がお茶の誘いをする理由は先述したランチと同じです。
むしろランチ以上に時間・お金を節約できて効率が良いからです。

でも合コン幹事から「お茶でもしませんか?」はランチの誘い以上に怪しいですよね。
ネットワークビジネス関係者は勧誘のプロですが、誘いに断られた経験も幾度となくあるはずです。
その経験からネットワーカー自身もお茶の誘いは疑われる可能性が高いことを理解しているのでしょう。

お茶は怪しいけど、夜飲みに行くのは時間・お金の面で非効率。
結果、ネットワークビジネス関係者の勧誘はランチになりやすいと推測しています。

【男性版】本気で口説きたい女性にはランチの誘いは有効なのに…

これは男性向けの話。
合コンで出会った本気で口説きたい女性には飲みではなくランチの誘いは有効です。

合コンは一期一会の出会いの場なので、体目的の男性も多く、女性は警戒しています。
ランチデートの誘いは体目的感がない為、女性からしても誠実なイメージを持たれます。
つまり、本気度をアピールするにはランチデートはオススメです。

同性から合コン幹事からの二人でランチの誘いも…

大人数合コンの同性側の友達から二人でランチの誘いを受けるパターンもあります。
合コンは男女の出会いの場ですから、同性から誘われるのはより怪しいです。

しかも他の友達は抜きで「二人でランチ」の誘い。
私も大人数合コンの男性幹事から合コン後ランチしたことがあります。
まぁお断りする理由もなかったので仲良くなれればいいかなーという気持ちでした。

すると、途中からその男性の師匠的な人も入ってきました。もう怪しすぎます。

では、合コン幹事からランチの誘いを受けたらどうしたら良い?

勿論、この時点で100%ネットワークビジネスの勧誘とは断言できませんが、かなり高確率でしょう。
ネットワーカーも合コン参加者全員をランチに誘うわけではありません。
そんな中でランチの誘いを受けたのは「勧誘しやすいタイプ」だからと推測します。

■ネットワークビジネスに勧誘されやすい人の共通点
・真面目そうな人
・素直に話を聞いてくれる人
・仕事に悩みを抱えている人
・気弱そうな人

ネットワークビジネスの研修ではこういったタイプの人を勧誘しよう!みたいなことを言われるようです。
実際、ネットワークビジネスによく勧誘される人と全く勧誘されない人はいるようです。
上記の特徴に当てはまるものが多ければネットワークビジネス勧誘に合う確率が高いので心の準備をしておきましょう。

それでは、実際にネットワークビジネス関係者からランチの誘いがあればどう断れば良いのでしょうか。
(この時点で自分がネットワーカーということは言われていない前提です。)
ちょっとでも怪しいと感じた時点で二人でランチしにいくことはオススメしません。
相手の思うツボになり無理矢理勧誘に合うこともありますから。

■ネットワーカーからのランチの誘いの断り方
・「いいですね!そしたらこの前のメンバーにも声かけてみますね!」
・「今仕事が忙しくてしばらくは無理そうです。またこちらから連絡します!」
・「身内に不幸があってしばらく外出できなそうです。ごめんなさい。」
・「ネットワークビジネス関係者とかじゃないですよね?それなら興味ないんですが聞いておこうと思って…」

相手に応じて断り方を変えてみても良いでしょう。
本当に怪しかったら直接ネットワークビジネスかどうか確認しておくと良いでしょう。ここまで確認したらさすがに勧誘されることもないでしょう。
合コン幹事がネットワークビジネス関係者か見分けるポイント4つ