簿記以外に経理部で役立つ会計資格まとめ【転職・異動希望】

経理部の仕事で役立つ資格と言えば、簿記検定です。
おそらく大半の経理部員がそう答えるでしょう。
簿記は経理部実務でも役立つシーンが多く、正に経理部の為の資格です。

ただ、逆に言えば経理部にとって簿記を持っていることは当然のレベル。
難関資格である簿記1級ならともかく、簿記2級レベルで経理部で評価されることはありません。
経理部にとって簿記2級は持っていて当たり前のスタンダード資格です。

簿記2級資格取得を前提に+アルファで資格を持っていると評価に値します。
経理部としてのスタンダード簿記2級知識の理解があり、さらに他資格で自分ならではの強みをアピールできます。

当記事では、あえて簿記以外で経理部で役立つ会計資格をご紹介します。

FP2級(ファイナンシャルプランニング技能士2級)

経理部は会計処理だけ出来れば良い訳ではなく、税務や財務の知識も必要となります。
残念ながら簿記2級では税務や財務は身に付きません。

FPは税務分野では消費税、法人税、所得税、固定資産税など会社の経理部でも絶対に使う税務の基礎が出題されます。
また、財務分野では財務諸表分析の指標、資金調達、株式など経理部として必須な財務知識の基礎が出題されます。

正直、FP2級資格取得したくらいでこれらの税務や財務のスペシャリストとは到底呼べません。
ただ、社内や転職面接などではFP2級の資格を持っていることで「税務の一定の知識を持っている」と評価されます。

■FP2級試験データ
受験資格:FP3級合格者 ※ただしAFP認定研修修了者、FP業務経験2年以上、厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者は免除
出題分野:ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継
合格率:約35%
必要勉強時間:約200時間
試験回数:年3回











BATIC(国際会計検定)

「国際コミュニケーションの為の簿記会計テスト」BATIC。「バティック」と読みます。
簡単に言うと英語版の簿記検定で試験も英語で出題されます。
簿記の知識+国際会計基準の理解+英語力があれば高得点を狙えます。

海外取引も多くなり、企業もグローバル化が求められている今、BATICは経理部にとって注目の資格と言えます。
外資系企業の経理部に転職したい人にとってもBATICはオススメです。

簿記2級レベルに匹敵するアカウンティングマネージャーレベル(700点以上)を取得しておくと良いでしょう。

■BATIC試験(アカウンティングマネージーャレベル)データ
受験資格:なし
出題分野:BATIC試験はSubject1(英文簿記)、Subject2(国際会計理論)
合格率:約15% ※アカウンティングマネージャーレベル
必要勉強時間:約150時間
試験回数:

ビジネス会計検定2級

簿記は決算書を作る資格であり、ビジネス会計検定は決算書を読み解く資格です。

勿論簿記の知識なくして経理部の仕事は務まりません。
ただ、決算書を作るだけの経理部員では物足りません。
決算書から会社の課題や将来の見通しが出来る財務視点のある経理部員はより重宝されます。

■ビジネス会計検定データ
受験資格:なし
出題分野:財務諸表の構造や読み方、財務諸表を取り巻く諸法令に関する知識、財務諸表の応用的な分析
合格率:約40%
必要勉強時間:約100時間
試験回数:年2回

プロフェッショナルCFO

CFOとして会社の財務戦略立案について学べる資格です。
経理部として会計処理を行うだけでなく、会計数値から会社の評価や課題解決をしていく次のステップへと進める資格です。

簿記2級レベルの会計知識がベースにあればスムーズに勉強が進むでしょう。
資格取得後協会に入会すると「プロフェッショナルCFO」の称号を貰えます。
名刺や履歴書に「プロフェッショナルCFO」と書いてあるかカッコいいですよね。

■プロフェッショナルCFOデータ
受験資格:なし
出題分野:財務理論に関する基礎知識、経営計画と財務マネジメント、企業価値評価と経営への応用、財務面での課題解決手法とその応用
合格率:約50% (非公開)
必要勉強時間:約200時間
試験回数:通年実施

Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

経理部の仕事はパソコンを多用します。
会計処理は会計システム内で行いますが、決算データの分析やスケジューリングにおいてはエクセルを多用します。

エクセルの数式が使いこなせれば経理部の仕事も潤滑になります。
新入社員でもない限り、エクセルの数式について手取り足取り教えてくれるほど暇な上司や先輩はいなく、自分で学ぶ必要があります。

Microsoft Office Specialistには、エクセル、ワード、アクセス、パワーポイントがありますが、経理部で最も使うのはエクセルです。

MOSのエクセルだけでも資格取得してみてはいかがでしょうか。
知らなかったエクセルの使い方や数式を勉強でき、経理部業務スピード向上に直結します。
(会計資格ではないのですが…)

■MOSデータ
受験資格:なし
出題分野:Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlook
合格率:不明
必要勉強時間:約40時間
試験回数:通年実施

【まとめ】簿記2級+アルファで経理部として強みのアピールを!

経理部に異動や転職が決まったら、まずは必死に簿記2級資格取得しましょう。
先述のとおり、簿記は経理部としてのスタンダードスキルです。

簿記取得後、自分自身が強みにしたい部分を決めて資格取得していくのがオススメです。
公認会計士、税理士、USCPAなどの難関資格は経理部として勿論役立ちますが、かなりの勉強時間を要する為に当記事では掲載しておりません。

また、経理部は転職も出来るつぶしのきく職種です。資格取得は転職においても有利に働きます。
当サイトでは経理部に関する様々な情報を掲載しております。是非チェックお願いします。