経営企画部に転職したいならまずは経理部を経験すべき理由

意識高い系ビジネスマンが就いてみたい職種として上位に挙げられる経営企画部。
社長や取締役の右腕として会社経営を担い、経営戦略立案をしていく花形の仕事はやりがいが大きくビジネスマンの憧れ。
いずれは社長の座や起業への道も開けやすい経営企画部は、意識高い系ビジネスマンが目指すべき道でしょう。

とはいえ、会社の人事異動は希望を出してもなかなかコントロール出来ないもの。
特に経営企画部のような重要部署はただ希望するだけでは異動できません。
どんなに優秀なビジネスマンであっても経営企画部に異動できるかはわかりません。

それなら経営企画部への転職を目指してみましょう。
勿論、ハードルは高いので何かしら「強み」が必要です。

そこでオススメしたいのは、財務や会計を「強み」として経営企画部に転職すること。
その為には、経理部で修行をすることをオススメします。その理由について書き綴ります。

人気の経営企画部へ転職には強みのあるキャリアが必要だから。

経営企画部への転職は職種未経験でも応募できます。
ただし、大量募集する職種ではない為、大手や人気企業の経営企画部は転職希望ライバルが多くなります。

そんな中で、ただ優秀なビジネスマンというだけではライバルには勝てません。
経営企画部で優位に立つだけのキャリアが必要であり、営業一筋のキャリアでは目に止まらないでしょう。
営業マンとして優秀だからといって経営企画部で活躍できる関連性が少ないからです。

経理部は会社のお金の流れを毎日見続けています。
このキャリアは、経営企画部で会社の戦略立案をするにあたり力を発揮できるのです。











経営企画部は社長・役員に提言する立場だから。

経営企画部は会社のトップである社長・役員と共に経営戦略を立てていきます。
当然、最終意思決定は社長になりますが、その意思決定をさせる為の提言をするのが経営企画部の役割なのです。

社長や役員の中には数字に弱い人も多く、特に経理知識がない人もいます。
ここで経理部経験を基に財務視点を絡めた提言をするのは実に説得力があります。

経営企画部の仕事の基本は数字を読み解くことだから。

経営戦略立案は数字がすべてです。
当然のことながら、「何となくこうした方が良さそう」という感覚的な理由は許されません。
経営戦略の裏付けとなる数字が必要不可欠です。
そして、その数字の最も重要なのが決算書の数字です。

経理部で決算業務を経験したことがあれば、何故この数字が成り立ったか・今後この数字はどう動くのかが自然体でわかるようになります。
経営企画部の中には決算書を読み解くプロフェッショナルは存在しても、決算書の作り方から理解している真のプロフェッショナルは少ない為、経理部出身の経営企画部員は転職でも重宝されます。

実際、経営企画部は経理部出身が多いから。

経営企画部員の出身キャリアは様々ですが、実は経理部出身者は多いです。

当記事が推奨するように、経理部でキャリアを積み、会社経営の根幹であるお金の動きを見続けてきたことで「もっと深く経営に携わる為に経営企画部で働きたい!」と転職にチャレンジする人が多いのです。

ちなみに経理部から経営企画部に異動する人も多いです。その理由は以前の記事を読んでみてください。
以前の記事→ 経理部から経営企画部へ異動は多い!?そのワケは…

経営企画部へ転職する為には経理部で3年修行すべし。

経理部の仕事は専門性も高く、奥深い世界です。
短期間では経理部としては半人前で、3年でも決して一人前とは言えません。

ただ、経営企画部に転職の為の経理部経験と考えると3年で充分だと思います。
経理プロフェッショナルになりたいならもっと経験が必要ですが、経営企画部に転職したいならこれ以上専門性を極めすぎる必要はありません。

勿論、3年という短期間の経理部経験をダラダラ過ごしてはいけません。
以下の経理部業務に積極的に携わっていけば経営企画部転職に有利です。

・決算書作成(損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書)
・収支分析
・資金調達計画
・予算案策定

経理部の最初の1年目は簡単な仕訳業務や雑用業務がメインになりますが、ここは焦らずにしっかりと耐えましょう。

いざ経営企画部へ転職!経理部経験をしっかりアピールすべし!

経理部で3年職務経験を積んだら経営企画部の転職を探してみましょう。
経営企画部自体は大抵の会社に存在する管理部門なので、自分が興味を持てる会社や職務経歴を活かせる会社を探してみましょう。

「経理部で会社のお金の動きを見てきた経験を活かして経営企画部として戦略立案をしたい。」という経営企画部への立派な志望動機が作れます。
あとは経理部としてどんな仕事をしてきたか・経理部経験が経営企画部にどのように活かせるのかを具体的にしておきましょう。
「財務視点で経営戦略立案ができる経営企画部員」としてライバルにも差をつけることが出来るでしょう。

経理部経験プラスアルファの強みがあればさらに経営企画部転職に有利!

経理部の職務経験も経営企画部転職に大いにプラスになりますが、エリートの集まる人気部署への転職にはもう1つスパイスが欲しいところ。

たとえば、以下のような強みがあれば有利でしょう。

・営業職で表彰経験がある。
・他の管理部門経験がある。(人事部、法務部等)
・難関資格取得している。(中小企業診断士、MBA、公認会計士等)
・英語や他の外国語が得意。
・海外勤務経験がある。
・エクセルのスペシャリストである。
・新規事業を立ち上げた経験がある。
・ベンチャー企業で働いたことがある。
・コンサルティング会社で働いたことがある。
・起業経験がある。

経営企画部はビジネスに関する総合的なエキスパートである必要があります。
経験の引き出しが多ければ多いほど活躍できる舞台です。
経理部経験だけでなく、転職先の面接官から目を引くような強みを持っておくと更に転職に有利でしょう。

【さいごに】経営企画部へ転職後も経理部経験が役立つ!

経営企画部に転職することがゴールではありません。転職後に活躍できることが本当のゴールです。

実際に経営企画部への転職に成功した後も、経理部経験が役立つシーンが多く訪れます。
しっかりと決算書を読み解ける経営企画部員は信頼も厚いです。

逆に数字に弱い経営企画部の同僚は非常に苦労し、簿記3級の本を買って必死に読んでいました。

経営企画部に転職希望の人はまずは経理部で3年間修行を積んでみましょう。
当サイトでは経営企画部や経理部に関する様々な情報を配信しています。是非参考にしてみてください。