経理部男性は合コンでモテない?合コン自己紹介の反応まとめ

合コンの自己紹介では仕事について話すことが多いでしょう。
医者、弁護士、パイロットのようないかにも高年収そうなエリート男性は合コンで間違いなくモテるでしょう。
美容師、アパレルなどもオシャレなイメージでモテるでしょう。

経理部の男性は合コンでモテるのでしょうか。
当記事を書く私自身、経理部男性の1人。
合コンの自己紹介での経理部男性のイメージをまとめてみました。

「男なのに経理部ですか?」

合コン自己紹介でのこの反応は明らかにマイナスイメージです。

世間的には経理部のような内勤事務職は女性、営業マンのような外回りの仕事は男性というイメージは強いようです。
特に経理事務のパート・派遣社員は圧倒的に女性が多い為に、「経理=女性の仕事」のイメージが根付いています。

大企業の経理部は社内のエリートが多く、男性比率の方が高いのが相場。
ですが、普通の女性はそんなことは知りません。
ましてや、合コン相手が看護士や保育士など女性職場で働く女性であれば尚更です。











「へー、経理なんですねー。」

この反応は、何も興味がないパターンです。
経理部はお金の計算をする仕事ということは誰でも知っていますが、深くは知りません。
決して面白い仕事ではない為、それ以上話は広がりません。

合コン自己紹介で「経理部で働いている」と話してこの反応をされたら、もう次の話題に進みましょう。
これ以上話してもあまり得はありません。

「会計士さんとかですか?」

経理のことをよく知らない女性からたまにこんな反応されます。
いやいや、残念ながら経理と会計士は違うんですよ…

公認会計士は難関資格であり、我々経理部男性で会計士資格を持つ人なぞほんの一握り。

「キッチリしてそう!」

「経理部=お金の計算をしている=キッチリした性格」のイメージなのでしょう。
合コンの自己紹介なのでこんな言い方になりますが、「キッチリしている」の言い方を変えれば、「細かそう・神経質そう・こだわりが強そう」になります。
合コンの場ではこんな性格の人はモテないに決まっています。

たしかに経理部の仕事はお金を扱うミスの許されないものなので、業務上は嫌でも神経質になります。
ただ、プライベートは別です。
お金の計算もどんぶり勘定だったり、貯金のない経理部員もいます。(マイナスイメージでしかないですが)

「理系なんですか?」

決して数は多くありませんが、合コンの自己紹介で経理部と伝えてこんな反応をされたことがありました。
「経理部=お金の計算=理系」というイメージを持つ人もいるようです。

実際、経理部は理系出身の人もいますが文系出身の方が圧倒的に多いです。

毎日のようにお金ばかりを見つめている経理部男性。
数字やロジック嫌いな文系女性からは敬遠されがちです。

経理部男性注意!合コンの会計で割り勘はNG!

経理部の仕事上は1円でも差異は許されませんが、合コンというステージでは別。
仕事のクセでキッチリ割り勘にしないように注意しましょう。
「やはり経理部男性はお金に細かい…」と合コン相手の女性からも非難されるでしょう。

1円単位の完璧な会計ではなく、スマートな会計がモテるでしょう。

【まとめ】経理部男性は合コンではモテない。

記事を読んでわかるように、合コンの自己紹介で経理部の話をしてもモテないです。
私の経験上も経理部の話をして盛り上がったこともないですし、モテたこともありません。

同じサラリーマンでも営業マンの方が社交性があって爽やかに見えたり、人事部の方が仕事のイメージが湧いて合コンでは盛り上がったりします。

合コンの自己紹介では経理部と言って反応が良くなかったら別の話題で挽回しましょう。
会計、税金、財務諸表の話など誰も聞きたくないでしょうから。

世間の経理部男性の皆さん、頑張って合コンでモテる男になりましょう!

当サイトでは経理部に関する情報をお届けしています。是非チェックお願いします。