スーツにスニーカーはダサい!?流行りのスニーカー勤務のメリット

最近、オフィス街でスーツにスニーカーというファッションを見かけます。
(厳密にはスーツというよりはジャケパンスタイルにスニーカーという組み合わせが多いですが)
一昔前ならあり得ないファッションでしたが、クールビズ導入以降、ビジネスファッションも変化しつつあります。

知人女性にこの話をしたところ「スーツにスニーカーはダサい」という意見と「オシャレな感じがして良いと思う」という意見に二分されました。
果たして、スーツにスニーカーはアリなのでしょうか。
真剣にスニーカー通勤のメリットについて考えてみました。

スニーカー通勤は最先端なビジネスカジュアル!?

男性のビジネススタイルと言えば、スーツ・白シャツ・ネクタイ・革靴でビシッと決めるビジネススタイルもカッコいいですが、時代的には「いかに外したビジネスカジュアル」にするかが最先端のオシャレになってきています。

もはやスーツ自体古く、私服勤務のIT企業が時代のリーダーとなっています。

ジャケパンスタイル、リュックなど通勤ファッションがカジュアルになっていく中、スニーカー通勤は正に最先端スタイルなのです。

スーツにスニーカーはダサい?


合わせ方を間違えてしまえばダサいです。
スニーカーなら何を履いても最先端でオシャレという訳ではありません。

基本的にはスーツに合うようなシンプルデザインのスニーカーをチョイスすべきです。
では、スーツに合うスニーカーの選び方と合わない(ダサい)スニーカーの選び方を紹介します。

■スーツに合うスニーカーの選び方
・シンプルデザイン(ブランドロゴがスニーカー本体と同色)
・落ち着いたカラー(ブラック、グレー等)
・スポーツ性よりもファッション制の高い大人向けスニーカーブランド(フィリップモデル、トップセブン等)

■スーツに合わないダサいスニーカー
・明るいカラー(ピンク、イエロー等)
・バイカラー(2色もしくはそれ以上)
・ハイカット
・スポーツ性重視のブランド(ミズノ、アシックス、ダンロップ等)

会社の服装規定を確認すること

どんなにカッコいいスニーカー通勤ファッションであれど、服装規定に違反していれば怒られて当然です。
まずは会社の服装規定をしっかりと読み直しましょう。

職種によってはスニーカー通勤オッケーということもありますし、クールビズ期間だけオッケーという可能性もあります。

スーツにスニーカーの世間の意見は?

それでは世間の意見を一部覗いてみたいと思います。
新スタイルのファッションに世間でも様々な意見投稿があるようです。
まずは「ダサい」派の意見から。

今度はスーツにスニーカーが肯定派の意見を。

星野源さんはキャラ的にもちょっとハズしたファッションが似合っていると思います。











仕事帰りにジム通いやアクティビティ

仕事帰りにジム、ランニング、ゴルフ練習、ボルダリングなどを楽しむことが出来ます。
※ジムやボルダリング施設は室内履きシューズを別途とするところもありますのでご注意ください。

会社にスニーカーを持っていくのはかさばって大荷物にかるし、かと言って一度帰宅してしまえばまた外出するのが億劫になってしまいます。
コインロッカーなどに預けるのも余計な出費になってしまいます。

スニーカー通勤なら、これらの悩みがなくなり仕事後に直接出掛けることが出来ます。

ランニング通勤が出来る


スーツに革靴は走りにくいですが、スーツにスニーカーならランニング通勤出来ます。(通勤バッグもリュックにすると良いでしょう)
勿論、家から会社までランニングでなくても最寄り駅までランニングしたり、会社の駅より一駅前に降りてランニングしたりも可能です。

スニーカー通勤は、ダイエットや健康維持にもなって一石二鳥です。

スニーカー通勤で営業や外出もラクラク

営業に関してはどこまで許容されるかはわかりませんが、仕事の外出や出張もスニーカーで行ければかなりラクになります。

スニーカー通勤に切り替えるだけで疲れが溜まりにくくなるなんて最高ですよね。
本来であれば、長時間歩く営業職こそスニーカー通勤すべきという考えは間違っているでしょうか。

革靴とオサラバして節約

革靴はカッコいいかもしれませんが、何かとお金がかかります。
革靴の価格はピンキリですが、安い革靴は当然安っぽく見えてしまいますし、壊れやすいです。
元々革靴は長時間歩くと傷んでしまう為、手入れや買い替えにもお金が必要です。

スニーカー通勤に切り替えることでお金も貯まります。

まとめ:スーツにスニーカーはアリ!様子を見ながら時代を先取り!

こんな記事を書いている私自身、実はまだスニーカー通勤を実践していないのです。
ちなみに私の会社ではクールビズ期間・クライアントと合わない日だけはスニーカー勤務が許容されているようです。

広報・システム・企画などの一部の職種ではスニーカー通勤の人もいます。(ジャケパンスタイル+スニーカー)
私は堅い職種の代表?経理部なので周りにスニーカー通勤はいない為、服装規定的にはオッケーでもなかなか取り入れられずにいます。

周りの様子を見ながらスニーカー通勤を取り入れていけば良いと思います。

スーツにスニーカーは決してダサくもなければ、奇抜でもない。スタンダードファッションとなる時代が到来するかもしれません。