大企業は仕事がつまらない。高年収でも離職率が高い理由

世間が憧れを持つ大企業。
高年収、福利厚生もしっかりしていて、安泰なイメージも強いでしょう。

大企業で働くと自社製品を街中で見かけたり、ニュースで会社が取り上げられたり、広告を目にしたりと「こんな立派な大企業の一員として働けること」に誇りを持つシーンも沢山あります。

その一方で、「大企業の仕事はつまらない」と高待遇を捨てて退職する人も沢山います。
この悩みは実際に大企業で働いてみないとわかりません。

当記事を書く私自身、いわゆる大企業で働いています。
仕事は、ハッキリ言ってつまらないです。
それでも「大企業を退職して後悔したくない」という気持ちだけで、休日だけを楽しみに仕事をしています。

何故、大企業は仕事がつまらないのか。
高年収でも離職率が高いのか。
リアルな真相を書き綴ります。

根回しだけが上手くなる

大企業ほど組織が多層化されています。
課長以上の管理職が沢山います。
課長→次長→部長代理→部長→本部長→社長というように…

会社のトップである社長が営業現場の問題に気付いたとき、本部長に指示を出します。
営業現場のことは分からない本部長は部長に聞きます。
同じく部長も営業現場のことは深くは理解していないので課長に聞き、課長は主任、主任は平社員に聞きます。
そして平社員の報告を主任→課長→…と伝言ゲームをします。

営業現場のことは現場の人間にしか分からないのだから、直接営業現場の人間が全社員に報告すれば話は早いのにも関わらず、大企業はそうもいきません。
与えられた役職・部署を飛び越えて報告することすら許されないのです。

「○○部長」のスケジュールを押さえて報告する。そんなことが大企業サラリーマンの役割になります。

大企業で仕事がデキる人は根回しが上手い人だと思います。
根回しが出来ると、自分の責任を逃れることが出来ます。
こんな能力が身に付いたところで何の意味があるのか疑問に思いながら働いている人も多いのではないでしょうか。











ミスをしない為の仕事

大企業になれば社内ルールが厳しく設定され、そのルールを覚えるだけでも大変です。
ルールを守り、ミスをしないことが大企業社員の評価となります。

ミスすることを恐れて仕事にチャレンジしなかったり、ミスに加担することを恐れて困っている人を助けられなかったりします。

思い切りやりたい仕事にチャレンジ出来ない環境で働くことは、仕事がつまらないと感じられるでしょう。

上司の機嫌を取るための仕事

大企業社員の役割は直属上司の機嫌を取ることと言っても過言ではありません。
そして、上司の機嫌を取るには上司が評価されるように影で持ち上げることが必要です。

自分のやりたい仕事をすることでなく、あくまで上司の機嫌を取るために仕事をする毎日。

大企業社員の宿命です。
出世して自分が上司の立場になっても、さらに上の上司が存在します。
社長にならない限りはこの立場は永遠に変わりません。
こんなご機嫌取りの仕事はつまらないと感じて当然です。
時々、「自分は何の為にこんな苦労して働いているのだろう…」と泣きたくなります。

同じ会社なのに知らない人だらけ

大企業には様々な部署があります。
勤務形態も多様化し、派遣・パート・常駐のシステム会社社員など沢山の人が大企業で働いています。

中小企業ではあり得ないことですが、同じフロアで働く人と話したことがない・名前も知らないなんてことも決して珍しいことではありません。

それだけ大企業の人間関係はドライで希薄です。
会社の人と深い関係になれば仕事も楽しいかもしれませんが、大企業は人数が多い分、浅く広くの関係性になります。

どうせ異動することが前提

日本の大企業は総合職としてジョブローテーションし様々な職種を経験するのが基本となります。
早ければ一年以内に部署異動も珍しくはありません。

どんなに頑張ってもまた異動すると思うと、なかなか腰を添えて仕事をする気にならないものです。

ある意味では、大企業は人の流れが激しいので色々な人と出会えるという意味では楽しいと言えるかもしれません。

出来る仕事は、ほんの一部

大企業で働くと「あの有名なヒット商品開発に携わった」「大きなイベントの仕事をした」など一見、スゴイと思える経験をすることもあります。

ただ、大企業は人数が多い為、仕事の分業がきちんとされています。
社員1人が担う仕事の役割などほんの小さなもの。

他の会社に務める友達から「あのヒット商品ってどうやって出来てるの?」なんて聞かれても「いや、私はそこは携わってないから全然知らない…」なんてこともしばしば。

中小企業で少数精鋭で仕事をしている人と比べると、大企業はやりがいがなくつまらないと感じます。

未だ残る学歴至上主義

大企業ほど高学歴が多いのは事実です。
中には出身大学で採用のフィルターをかける大企業も存在するほど。

直接的に出身大学によりイジメや差別を受けることはなくとも、出世したり重要なプロジェクトメンバーに選ばれるのは高学歴の人だったり…
大企業には未だに学歴至上主義の名残があります。

自分の代わりなんていくらでもいる

何千人と社員のいる大企業において、代わりのいない社員など役員クラスでさえほぼ皆無です。
誰かが突然退職すれば一時的には困るでしょうが、その役割は他の誰かが補います。
もし社内に適任がいなければ中途採用すれば良いだけの話。大企業となれば募集に対して応募も沢山来ますから。

代わりなんていくらでもいるということは、自分自身の存在価値に疑問を覚えます。
でも、それが大企業の現実です。

ましてや若手社員が会社を変えるなんて不可能です。そんな権限すらありません。
テレビドラマ半沢直樹バリの反骨精神があれば別ですが…
(ちなみにそんな半沢直樹でさえ大企業で出世して40代になってから会社を変える為の復讐をしています。若手社員ではありません。)

会社の売上なんて、正直どうでも良い

正直、会社が予算達成しようがしまいかわどうでも良い。
大企業の予算達成は「自分のお陰だ」なんて思っている勘違いさんはなかなかレアです。
皆、会社の予算なんて他人事です。自分に任された数字だけ予算達成すれば良いのです。

強いて言えば会社の売上が悪いとボーナスが減るくらいでしょうか。
「会社なんか燃えてしまえば良い」と思っている大企業社員なんて山程いるでしょう。

愛社精神を持って無償でも働く大企業社員は果たしてどれほどいるのでしょうか。

【さいごに】大企業の仕事はつまらないと割り切って入社することが大事

仕事が楽しいと感じられるのは人生においてとても幸せなことです。
しかしながら、仕事は仕事。
お金を貰っている以上、楽しさを求めるのはナンセンスなのでしょうか。

結論、大企業の仕事はつまらないです。
それでも高年収を貰い、土日だけを楽しみに稼いだお金で贅沢に暮らすと割り切ることが出来れば大企業で働く意味はあるでしょう。

仕事の楽しさを求めるのなら起業して自分のやりたいように仕事をするしかありません。
大企業では自分のやりたいように仕事なんて出来ませんから。