正社員経理部女性のライフスタイル【激務・残業】

経理と言うと女性の仕事のイメージも強いです。
しかし、正社員で経理部で働く女性のライフスタイルは実にハードです。

特に大企業の経理部女性は激務になりがち。
当記事ではそんな経理部女性のライフスタイルについてリアルに書き綴ります。

プライベートがなくなる

一般的に経理部は激務になりやすい部署です。
残業や休日出勤が多く、特に決算期になると深夜残業も当たり前でプライベートはおろか、寝る暇すらなくなることも。

残業が少ない仕事をしている女友達とは予定が合わず、ドタキャンになることも考えられます。

女性がそこまで遅くまで遅くまで働くことは健康面や美容の面でも心配です。
決算期など繁忙期では多少体調が優れなくても休めず、深夜まで働くこととなります。
プライベート優先のライフスタイルを送りたい女性に経理部はオススメできません。











自分の予定で帰れないのがツライ…

激務の経理部でも決算以外はそこまで残業が多い訳ではありません。
それなのに、自分の予定がある日に早く帰れるという訳にもいきません。

何故なら経理部の仕事はチームワークが大切だから。
自分の仕事が終わってても部内の仕事が終わっていなければ帰りにくいのがツライところ。
平日の仕事後にプライベートの予定を入れるのは簡単ではありません。

経理部は基本的には土日休み。
決算期以外の土日は余程のことがない限りは休みが取れます。

休日に資格の勉強も…

経理部は専門知識を要する世界。
勉強しなくてはならないことも沢山あります。

特に経理部実務に直結する簿記やFPなどの資格取得を推奨している会社は多いでしょう。

激務の中でやっと取れた休日もプライベートの時間に割けず、勉強に宛てなくてはならないことも…
一度学んだ経理部の知識はずっと役立つ財産となりますが、税法改正などで学び続けなければならないこともあります。

給料は良いが、使う暇がない…

経理部は社内でも重要なポジションであり、残業や休日出勤も多いだけに給料はやや高めでしょう。
少なくとも一般事務で働いている同年代の女性よりは沢山給料を貰えるのは嬉しいことです。

ただしその残業代を使える時間がないのが悩ましいところ。
まとまった休みを取りにくい為、旅行が趣味の女性には経理部で働くことをオススメできません。

経理部らしくきちんと貯蓄に回すのも良し、パーッと飲み会や買い物に使うのも自由です。

彼氏とのデートは?

残業が多い経理部女性は合コンや飲み会などの出会いの場に出掛ける機会も少なくなるので、彼氏が出来にくかったりします。
ひどいパターンでは激務疲れで、「彼氏なんて作る暇がない」と恋愛自体を拒絶してしまう経理部女性に出会ったこともあります。

もちろんこれは稀な例で、彼氏を作って充実したライフスタイルを送る経理部女性も沢山います。

注意したいのは、彼氏よりも残業や休日出勤が多かったり、年収が高かったりする場合。
彼氏が劣等感を感じてしまうこともあるかもしれません。
そういう意味では金銭的にも余裕があり、心のゆとりもある年上男性の方が経理部女性の彼氏には相応しいかもしれません。

結婚している経理部女性はいる?

もちろん沢山います。
社内結婚もあれば、社外で出会った人との結婚もあります。(ご時世的に後者の方が多いでしょう)

残業で帰宅が遅くなったり、急な休日出勤となることもありますが、旦那さんが仕事に理解があれば結婚も十分可能です。

割合的には、やはり他の部署より少ない気がします。
忙しい経理部は、人生においても仕事優先になりやすく独身女性が多い感じがします。
激務に追われて気付けば婚期を逃していた…そんな哀しいことにならないように気をつけましょう。

結婚しても子どもは作れない

結婚している女性もいますが、子どもを作るのはなかなか難しそうです。
深夜残業や休日出勤のあるお母さんに子育ては難しく、子作りを諦める人も見たことがあります。

勿論、子どもがいなくても幸せな夫婦生活を送る人も沢山います。

子どもが小さいと、子どもの体調不良で仕事を休まなければならない日もあるでしょう。
周りの経理部メンバーが遅くまで残業している中で子どもが原因とはいえ欠勤・遅刻・早退を繰り返すのは申し訳ない気持ちになるでしょう。
経理部女性が結婚して子どもを作る場合、実家や親戚の近くに住むなど預けられる場所の確保は必須でしょう。

経理事務に転身か、激務生活を続けるか…

正社員として経理部で実務経験を積めば働き先は沢山あり、転職も可能です。
何故なら経理部はどこの会社にも存在し、業務内容は似ているので即戦力となるからです。

しかし、経理部が激務なのはどこの会社も大きな差はない為、正社員経理部として転職してもライフスタイルをガラッと変えることは出来ません。

一度経理部としてキャリアを積んだ女性は、経理事務のパートや派遣では物足りなさを感じるかもしれません。
どんなに仕事が出来ても、重要な業務は正社員でないとさせてもらえないということはよくある話です。

もし正社員経理部として転職したい場合は、少しでも残業が少ない会社を選ぶことが大切です。

■残業が少ない傾向にある会社の特徴
・株式非上場企業
・グループ会社がない(連結決算がない)
・残業規制がしっかりしている
・フレックスタイム制がある
・離職率が低い

もちろん経理部での経験を活かして他の職種の正社員として転職し、残業を減らす手もありますが年収ダウンは覚悟となります。

まとめ

激務なライフスタイルについて書いてきましたが、それでも女性が正社員経理部として働くメリットも沢山あります。

■経理部女性のメリット
・一生働けるスキルが身に付く
・経営に携わる重要業務を任せてもらえる為、仕事のやりがいを感じられる
・高年収を狙える
・家計管理でも使えるお金の知識が習得できる
・営業職のようなノルマによるストレスがない
・肉体労働がない

一度きりの人生。
仕事を第一に考えるのか、女性としての幸せを第一に考えるのか…
よく考えて自分のライフスタイルを決めていくと良いでしょう。

当サイトでは経理部に関する様々な情報をお届けしています。是非チェックお願いします。