【年収500万以上】経理部の転職は年収アップに繋がる理由

記事タイトルにいきなり「年収500万」と書きました。
年収500万いうと、高年収というイメージもないでしょうが世間の平均年収よりは上といったところでしょうか。

経理部(財務部)で働く人は「最低500万円」くらいなら誰でも貰える可能性があるという意味で書いています。
勿論、それ以上稼ぐことも可能ですし、年収1000万円以上稼ぐことも決して不可能な仕事ではありません。

経理部で年収500万円を達成する最も簡単な方法は転職することです。
当記事では経理部から他社の経理部への転職で年収500万円を達成する為の方法について書き綴ります。

まずは経理部実務経験を積むこと。

転職では「経理実務経験3年以上」を採用条件とする会社が多いです。
つまり、実務経験3年未満では未経験と同等の扱いになるということです。

経理部で働いたことのある人ならわかると思いますが、経理部は経験がモノを言う世界。
実務経験1年や2年程度では会計の基礎業務がメインになります。
財務・税務など業務の幅が拡大することにより転職での市場価値が上がります。
まずは経理部で実務経験3年を目指しましょう。

■一般的な経理部年収テーブル
管理職クラス 年収500万-1,000万
財務・税務担当 年収400万-800万
会計担当 年収350万-600万
経理事務 年収300万-400万

※振れ幅があるのは会社によって大きく異なる為。
一般的に大企業・上場企業は高年収傾向にあり、中小企業・非上場企業は年収が低い傾向にあります。











簿記やFPの資格取得

資格取得が必ずしも経理部の実務に役立つかは別として、転職市場で自分の市場価値を高める為には必要です。

経理部実務経験3年ある人なら、少し勉強すれば簿記2級は合格出来るでしょう。
FPに関しては経理部の実務と離れた分野が多いので勉強が必要ですが、FP2級レベルであれば独学でも十分に合格可能です。

経理に関する資格を持っていることで履歴書に書くことが出来ます。
資格というのは第三者から見ても能力が証明できるもの。
職務経歴で「表彰された」「業務改善をした」などは会社によってその凄さは異なりますし、極端な話ウソをついてもわかりせん。
そこで、転職活動には普遍的な評価が得られる資格取得がオススメなのです。

簿記2級は採用条件として提示されることある為、資格取得することで転職先を選ぶ幅が広がります。
FP2級は経理部の採用条件となることはほぼありませんが、資格取得することで税務にも強いという証明になり、転職市場価値を高めることが出来るでしょう。

経理部員の履歴書が白紙ではあまりにも寂しいです。自己啓発の精神がないと思われかねません。
是非とも転職活動前に簿記やFPの資格取得をしておきましょう。

今の会社は辞めないこと

転職の意志が固まり準備が出来ても会社は辞めないまま転職活動を開始することを強くオススメします。
その理由は、「退職することでお金がなくなる」とか「次の転職先が見つからない」などのリスクがあるだけではありません。

転職先での年収は現職年収をベースに提示されるもの。
面接官が現職より低い年収提示をしても採用できないのはわかっている為、現職と同等もしくはそれ以上の年収提示をされるケースが基本になります。
もし無職の状態で面接に行けば年収はゼロ。足元を見られて相場より低い年収提示をされても仕方ない不利な状況下に陥ることでしょう。

確かに、一度退職した方がじっくり企業を選べたり面接時間が調整しやすいといったメリットもあります。
特に経理部のような内勤事務職は平日に外出して転職面接を受けられないのが厳しいところですが…

ただし、転職して年収アップを目指すなら、在職中に転職活動をした方が良いでしょう。

転職先の候補を絞ろう

良くも悪くも、経理部の仕事はどの会社も似ているので業界に拘りすぎる必要はないでしょう。
強いて言えば、事業内容に興味が持てる会社の方が転職面接で話がスムーズに出来るというくらいでしょうか。

経理部の仕事は探せば沢山見つかります。ただし、欠員採用が多く一度に大量採用するケースはあまりないでしょう。

転職先選びの基準はいくつかありますが、この記事はとにかく年収500万円以上の経理部への転職を目指す為のものです。
以下のポイントを抑えると良いでしょう。

年収表記があるか

一番早いのは想定年収○万円程度など表記があること。
年齢や経理実務経験によって振れ幅はあるものの、おおよその判断は出来ます。

これが月給だけの判断は危険です。
月給30万円でもボーナスがなければ年収400万円程度でしょう。
逆に月給25万円でもボーナスが6ヶ月出る会社なら、月20時間程度の残業代を含めれば年収500万円達成です。

また、たまに経理部でも「みなし残業○時間分含む」みたいな表記がある会社もあるので要注意です。

給与水準が高い会社

会社全体の平均年収が高い会社は経理部の年収も高水準です。
たとえ入社時の年収が低くても数年経験を積めば昇給し年収500万円達成が可能です。

そこそこ有名企業であればインターネットで平均年収を知ることも出来ます。
給与水準が高く、安定している企業の方が簡単に年収500万円を稼ぐことができます。

景気の良い業界・急成長中の企業を選ぶのも良し

5年後・10年後はわからなくても現時点で景気の良い業界・企業を転職先として選択するのは良いと考えます。

このご時世、先のことは誰もわかりません。
先述している通り、経理部の仕事内容はどこも似ています。
転職先の企業の業績が傾いてきたらまた次に景気の良い企業に転職すれば良いのです。
(短期間で転職はイメージが悪いですが、それなりに仕事をやり遂げてからの話です)

【要注意】年収には残業代も含まれている!

経理部は激務傾向が強いので残業が発生するのとは仕方ないことです。
注意すべきは転職サイトなどに表記されている年収や月収には残業代も含まれているということ。

月に残業100時間で年収500万円の企業と月に残業全くなしで年収480万円であれば多くの人は後者の方が魅力的と感じるでしょう。

単純に年収だけで判断せず、残業が月にどれくらいあるのかを考慮しましょう。
転職サイトの残業表記だけでなく、インターネット上のクチコミサイトなどを総合的に見て判断しましょう。

企業研究をしよう

当たり前の話は置いておきます。
ここではあくまで経理部の転職面接の話。
経営数値、株価、IRなど経理部ならでは知っておくべき数値は掴んでおきましょう。
公表されている経営数値を基に、転職先企業の課題を理解したり、適切な質問ができれば「さすがデキる経理マン!」となります。

面接時間の確保も重要なミッション

先述したとおり、内勤事務職である経理部が平日の仕事中にフラッと会社を出て転職面接を受けるのはかなり無理があります。
もちろん、一人外出の機会もあると思いますが、万が一の遅刻などにならないようにしたいところです。

決算中の休日出勤分の代休、半休、フレックス勤務などを上手く利用して転職面接のスケジューリングをしましょう。
最悪の場合、仮病を使っても良いと思います。転職活動は人生を左右する大切なものですから。

転職先企業も経理部が平日に時間を割きにくい事情はわかってくれるはずです。
平日の遅い時間や土日に転職面接をしてもらえるよう交渉することは決して悪いことではありません。

面接は転職先との契約交渉の場

転職面接は採用されることがゴールではありません。
「少しでも高い年収で契約すること」が最大のミッションです。

企業は「少しでも安く良い買い物(経理部員)をしたい」のですから、転職者は「少しでも高く自分自身を売りたい」と考えなければいけません。

自分が自分をいくらで買って欲しいのかを決めてから転職活動を始めましょう。
年収500万円がミッションであれば、それ未満の金額提示をされたらお断りすれば良いだけの話です。

さいごに:転職することで業務の幅が増え、市場価値もどんどん高まる!

ある大企業で経理業務の一端だけを長く経験している人が市場価値が高い訳ではありません。

大企業で連結決算の経験もあり、中小企業で一人で決算業務を完結した経験もあり、別会社では株式上場にも携わったことがある人材の方が転職市場では明らかに価値があります。

転職することで業務の幅が増え、視点が広がり、「A社ではこんなやり方をしていた」「B社のような業界はこんなところが素晴らしい」と多くの経験・情報を持ち合わせている経理マンの方が強いです。

会社にとって経理部は経営を担う重要な部署。年収500万は「最低でも」もらうべき金額です。
年収500万円未満で働いている経理部員は会社に上手く働かされていると思って良いかもしれません。
経理部で実力をつけ、交渉スキルをつけ、転職に成功させて年収500万円、もしくはそれ以上の高年収を達成しましょう!

当サイトでは経理部に関する様々な情報をお届けしています。是非チェックお願いします。