30代で経理部に異動。仕事のスタンスを間違えるな!

若手から中堅世代に差し掛かる30代。
難しかった仕事もやり方のコツを掴み、結果も出せるようになって少しずつ仕事のやりがいも覚えてくる時期になります。
そこそこの社会人キャリアを積んでから経理部に異動した場合、どのような仕事をしていけば良いのでしょうか。

当記事を書く私自身、30代で突然経理部に異動になり仕事のスタンスに迷った一人です。
この経験から、30代で経理部に異動した人が仕事のスタンスを間違えることのないよう、どのように仕事に臨めば良いのか書き綴ります。

30代で経理部異動。会社の意図は?

20代のうちに営業職など他部署でキャリアを積み、30代でいきなり畑違いの経理部に。
同期は同じ営業職の中でチームリーダーや課長などの管理職になる人も出てくる年頃です。

経理部に興味があり異動希望をしていたなら別ですが…
全部署で頑張ろうと意気込んでいた中、畑違いの経理部に異動になれば「経理部に異動なんて左遷か?」とモチベーションが下がる人もいるかもしれません。
人事異動で他部署から経理部に異動するには様々なパターンがあります。

■ポジティブな異動パターン
・将来の幹部候補として期待され、お金の動きを学ばせる為。
・経理部管理職からの推薦があった為。
・数字に強く、経理部に適正があると人事が判断した為。
・自身で経理部に異動希望を出し、ポストが空いた為。

■ネガティブな異動パターン
・前部署に適正がなく、上司から交代希望を出された為。
・前部署が嫌で、自身で他部署に異動することを希望していた為。
・経理部に空きポストが出たが適任が他にいなかった為。

様々な異動パターンがありますが、経理部に異動は少なくとも左遷ではありません。
会社にとって不要な人間をお金を扱う重要ポジションに置く会社はありません。

多くの場合、30代という働き盛りのタイミングで経理部に異動させるのは期待されているとポジティブに考えて良いでしょう。











基本的には新人として振る舞うこと。

仕事のスタンスは、あくまで新人として振る舞いましょう。
30代であれば年下かつ社歴も浅い経理部員もいるでしょうが、いきなりこの年下先輩経理部員より仕事が出来る訳ないと思って良いでしょう。

経理部の世界は他部署とは異なる専門性の高い世界です。
何歳であろうと前部署でトップセールスマンや管理職であったとしても、経理部としては新人。
着実に実務経験を積むまでは戦力になりません。

これまでの部署の経験は一度捨て、1から学び直すつもりで経理を勉強しましょう。

襲いかかるストレスも…

「前部署では重要な仕事を沢山抱えていたのにこんな単純作業しか任せて貰えないなんて…」
経理部の仕事は決して簡単ではありません。
基礎をしっかりと固め、年月を掛けて少しずつ知識が追いついてきます。

時には、年下の先輩に注意されるかもしれません。
時には、上司から理不尽なことを言われるかもしれません。

しかし、経理部にストレスは付き物。一人前になるまでは耐えましょう。

業務マニュアルを作ること。

経理部の先輩や上司に教えて貰ったことは必ずメモを取り、自分なりのマニュアルを残しておきましょう。
経理部としては新人でも、新卒新入社員とはレベルが違います。精度の高いマニュアル作成が出来るはずです。

■マニュアルを作るメリット
・自分自身の業務理解度が深まる。
・教わったことを繰り返し聞かずに済む。
・几帳面さや向上心のアピールになる。
・後輩が出来た時の為に残しておける。

完璧なマニュアルである必要はありません。
まずは自分自身が着実に業務習得をする為に作成してみるのがオススメです。

新人経理部員だからこそ出来る仕事です。自分の役回りを理解して仕事をすることが大切です。

前部署から活かせる経験はストックしておく。

当たり前ですが経理部の先輩は経理業務には強いですがその他の部署の業務については弱いです。

これまでの部署にいた経験・スキル・情報が活きる瞬間は必ず来るはずです。
上司や他の経理部員が困っている際にヘルプ出来るように準備しておきましょう。

経理部の課題や改善策をまとめておく。

ビジネスの基本は課題解決。
ただの経理事務作業員になる為に会社は30代中堅社員を経理部に異動させた訳ではありません。

常に部署や会社全体の課題・解決策については考えておきましょう。
しかし、経理実務経験もないうちに積極的に課題や解決策ばかりを発言することはオススメ出来ません。

ミーティングで意見を求められたりブレーンストーミングの機会があれば思い切って発言してみると良いでしょう。
ここで的を得た課題や改善策が伝えられることが中堅である30代。経理部新入社員とは違うのです。

不要な残業はせず、早目に帰ること。

30代の中堅社員であればただがむしゃらに長時間労働をするのはナンセンスです。
仕事をきっちりと片付けた上で早目に帰るのはタイムマネジメントが出来る証拠。仕事が出来る証です。

また、不要な残業するということは残業代という費用が会社に発生するということです。
経理部は会社のコストをコントロールする役割を果たす部署。

経理部異動したての頃は任される仕事もそう多くはありません。
残業代が発生しないよう定時で帰る工夫をし、帰宅してから仕事で教わったことのメモや経理の勉強の時間に充てましょう。

仕事後や休日に簿記の勉強する。

経理部は専門知識を要する為、勉強が欠かせません。
会社特有のルールはあるものの、どんな会社も簿記の原則に則って経理業務をしています。

つまり、簿記の勉強をして絶対に損はありません。
経理部で実務経験を積みながら1年程度独学で簿記検定のテキストを読み進めれば、簿記2級の資格取得は可能でしょう。

キャリアプランニングを考えて行動をすること。

異動したてはとにかく業務習得が最重要課題となります。
しかし、30代にもなれば社内でどのようなポジションに就きたいのか考えて行動しなくてはなりません。

経理部のエキスパートプレーヤーとして成長したいのか、マネジメント職に就きたいのかで行動は変わってきます。

経理部員としての知識やスキルが長けている人が昇進するとは限りません。
部全体を考えてマネジメントを任せられる人間が昇進するのです。
もし経理部でマネジメント職を目指すなら以下の行動をしましょう。

■経理部マネジメント職を目指す人がすべき行動
・不要な残業はしない。
・業務改善策を提案する。
・後輩社員や派遣・アルバイトスタッフの人材育成に積極的に携わる。
・社内ルールを理解し遵守する。
・会社の方向性を理解し、社内報などの発信は必ず読んでおく。
・経理以外の管理スキル(法務、労務、システム)の向上にも努める。

経理こエキスパートになりたいのならとにかく自己啓発をし会計・税務・財務などの知識を習得していくことが大切です。
簿記1級、FP1級もしくは2級、税理士(科目合格も可)の資格取得もしておくと良いでしょう。

さいごに:経理の世界では30代は若手

会計や財務の世界はとても奥深く、経験が物を言う世界です。
経理部で働く人の多くは入社時は営業職など他の職種を経験して経理部に異動するパターンが多いです。

他部署では中堅選手でも、経理部の世界では30代はまだまだ若手。
学ぶことだらけの世代です。
30代の新人経理部員らしい仕事のスタンスで一生懸命努力すれば、成長していけることは間違いありません。

当サイトでは経理部に関する様々な情報をお届けしています。是非チェックお願いします。