経営企画部の次のキャリアチェンジは?【転職・異動・独立】

会社の中枢部署である経営企画部で働くことは多くのビジネスマンの憧れです。

営業職や製造部などの現場職経験を積み、本社管理部門を経て経営企画部に異動するパターンが一般的です。
とはいえ、経営企画部に異動になっても定年まで経営企画部とは限りません。
勿論、経営企画部としてキャリアを積み経営企画課長→経営企画部長→役員と出世ルートを歩む道もありますが、サラリーマンであれば異動があることも視野に入れておかなければなりません。

では、経営企画部の次のキャリアチェンジはどのような道があるでしょうか。
経営企画部の実務経験を活かして他部署異動・転職・独立できるプランについて書き綴ります。

商品企画部

経営企画部も部署名に「企画」と付いているものの、新商品企画のアイデアを出したりプロモーションに携わったりという華やかな仕事とは掛け離れたもの。

経営戦略立案にあたり、社内の計数分析したり、役員・社長へ提出の資料作成、経営会議の事務局など意外と地味なデスクワークが多く、企画要素はあまりないことは経営企画部で働いたことのある人なら実感するでしょう。

経営企画部では全社内の事業のスタートから成功・失敗に至るまでのあらゆる資料や数字を見ている為、企画部に異動すれば感覚的にどんな事業が成功しやすいのか・どんな課題があるのかというアイデアが浮かびます。

全社事業を管理する経営企画部より、自分自身が新しいものを生み出したいという熱意のある人には商品企画部の仕事は向いているでしょう。











マーケティング部

会社によってその役割や仕事内容は変わる傾向の強いマーケティング部ですが、社内外のデータを検証・分析し、より効率的に収益を上げる策を立案する部署です。
経営企画部でも大量のデータを取り扱い分析をしてきているはずなので、マーケティング部の仕事には即戦力として役立つでしょう。

とにかくデータを扱うことが好きな人なら、マーケティング部の仕事は向いています。
また、会社におけるマーケティングの存在価値は年々上昇しています。
経営企画部とマーケティング部の職務経歴は転職市場においても有利になります。

新規事業部のマネージャー

こちらも経営企画部からの異動が多いポジションです。
イメージ的には、経営企画部では全社の事業をマネジメントしていたのに対して新規事業部マネージャーはひとつの新しい事業に特化にしてマネジメントをしていきます。
経営企画部より自由が利く為、モチベーション高く仕事ができるポジションです。

経営企画部出身者なら、ヒト・モノ・カネ・情報などあらゆる面でのコントロールを安心して任せられることでしょう。

新規事業部に異動する最もスムーズな方法は、社内コンペ等で事業企画書を提出して認められることです。
経営会議で沢山の事業企画を見てきた経験を活かし、社長や役員がOKを出しやすい企画書を提出しましょう。

元々いた部署のマネージャー

経営企画部異動前に働いていた部署の管理職として復帰するのも立派なキャリアチェンジです。
営業部や製造部のような現場部署でも管理職となれば経営企画部の経験が役に立ちます。

プレーヤーとしての経験もあり、経営企画部で全社のマネジメント経験も積んだことで元々いた部署のマネージャーとして活躍できるでしょう。

経営企画部で3年以上の実務経験を積んだら、「将来的には元の部署のマネジメントをしたい」と人事にアピールしておきましょう。
タイミングが合えば実現できる可能性が高まります。

コンサルティングファームに転職

転職で最も経営企画部の実務経験が活きるのはコンサルティング会社でしょう。
クライアント企業の課題解決をし、お金を頂くことの出来る実力勝負の世界です。

今まで経営企画部で必死で自社の課題解決を考えてきた経験を活かして、次は色々なクライアント企業の課題解決をする立場になれます。
経営コンサルティングは終わりのない仕事で激務にもなりやすい業界ですが、結果を出せる経営コンサルタントになれば経営企画部以上の高収入も望めます。

また、実力をつけてクライアントも沢山出来れば独立も視野に入れることが出来ます。

経営コンサルタントとして独立

経営企画部は社内の経営コンサルタント的な役割を果たします。
その経験を活かし、経営コンサルタントとして独立することも出来ます。
特に有名な大企業の経営企画部で管理職などをしていた場合には独立してもその経歴でクライアントも獲得しやすいでしょう。

とはいえ、経営企画部で働いていただけでいきなり独立して経営コンサルタントになってもクライアントは出来ません。
経営企画部で活躍していた業界の中小企業やスタートアップしたばかりの起業などをターゲットを狭くして活動し、実績を積んでいくと良いでしょう。

また、中小企業診断士やMBAなどの経営コンサルティングに関する資格取得もすると名刺にも載せられ、信用が高まります。
「なんでも経営コンサルティング」では個性が無い為、税理士・社労士・行政書士などの他の難関資格とダブルライセンスを取得し「税務に強い経営コンサルタント」など強みがあるとクライアント獲得に繋がります。

また、経営コンサルタントは簡単な仕事ではありません。
コンサルティング技術だけでクライアントからお金を頂くので、それなりの成果を出せるように必死でアイデアを振り絞っていかなくてはなりません。
勿論、結果が出たときには充実感を得られるでしょう。

起業して社長になる

経営企画部員なら一度は起業を考えたことがあるのではないでしょうか。
経営会議などで「自分が社長ならこうするのに!」、「こんなビジネス始めたら儲かりそうだなー」なんて考えるシーンが経営企画部の仕事では沢山あります。
むしろこんな考えが浮かばなければ経営企画部員としては半人前でしょう。

どんなに良いアイデアが思い浮かぼうが、会社員である以上、役割を超えた発言や行動はなかなか出来ません。
起業して自分自身が社長になれば自由に出来ます。

経営会議で「このアイデアは成功しそう」、「この企画は競合他社のA社に負けるだろう」など心の中で予測を立て、大抵がその通りにいくようになれば経営者としてのセンスが磨かれている証拠。

勢いだけで計画性のない企業は大抵失敗します。
経営企画部らしくしっかりと事業計画を立て、万全の準備をして起業に臨みましょう。

さいごに

経営企画部で働いた経験はどんな仕事にも活かすことが出来ます。
転職や独立においても役立つ美味しい仕事と言えます。

永遠に経営企画部にいるとは限りません。
総合職として入社して経営企画部にいるのなら、会社の人事は社員をジョブローテーションして様々な仕事を経験させよるのが普通です。

経営企画部の次にどんな仕事をしたいのか、目指すべき将来像は何なのか。
会社の将来の見通しを立てられる経営企画部員なら、自分自身の未来の見通しを立てて行動しましょう。

当サイトでは経営企画部に関する様々な情報をお届けしています。是非チェックお願いします。