経理部からキャリアチェンジできる職種まとめ【転職、異動】

経理部は食いっぱぐれのない一生安泰な仕事と言われます。
専門性の高い経理部は、一生働けるスキル・知識を身に着けることが出来ることが魅力のひとつ。
たとえ今働いている会社を辞めたとしても他の会社に転職出来るからです。

でも、経理部で働いたら一生経理部の仕事しか出来ないのでしょうか。
当記事を書く私自身も現役の経理部員ですが、経理部の仕事自体は激務な上にお世辞にも面白いと言えたものではありません。
そう考えると一生経理部のまま生きるしかないのか?と不安に襲われることもあります。

経理部から他の職種にキャリアチェンジするならどんな仕事が良いのか。
経理経験を踏まえてステップアップできる職種について考えていきます。

財務部

会計に関するプロフェッショナルが経理部なら、借入や投資などの財務に関するプロフェッショナルが財務部です。

多くの会社は経理部と財務部が兼任されていますが、大企業であれば経理部と財務部が別部署として役割分担されています。

もし経理部と財務部が分かれている会社であれば、経理部で会計の実務経験を積んだ後、財務部にステップアップするのは自然な流れです。
財務部は経理部が作成した決算資料を基に財務の意思決定をしますが、会計を知らずに行うのは難しいです。

財務部にキャリアチェンジするには、経理部で3年以上の会計実務経験を積み、異動希望を出すと良いでしょう。
ポストが空けば異動になる可能性が高いです。











経営企画部

会社経営の舵取り役として経営戦略立案を担う花形部署、経営企画部。
実は経理部出身で経営企画部に異動するケースは非常に多く、キャリアチェンジとしては適している部署です。

何故なら、経営企画部が戦略立案をするにあたり損益計算書(P/L)や貸借対照表(B/S)など財務諸表を読み解き、見通しを立てることは基本だからです。
財務諸表を作成し毎日会社のお金の動きを見続けてきた経理部員は、経営企画部に異動しても即戦力として期待されます。

経理部から経営企画部にキャリアチェンジするには、会計・財務・税務といった経理部特有の知識に加え、経営学・法務・労務など会社経営に関する総合的な知識を予習しておくと良いでしょう。
資格としては中小企業診断士やMBAがオススメです。(どちらも難関資格ではありますが)

経営企画部は人員枠が少なく、すぐに異動が難しい部署です。
異動希望を出しても叶わなそうであれば、転職して経営企画部に応募するのも手です。

新規事業プロジェクトチーム

経理経験を活かし、新規事業に携わることも可能です。
会社の動きを「お金」という側面から見ている経理部員は、どのような事業が成功し、どのような事業は失敗しやすいのかが見えているはずです。

会社からしても新規事業のプロジェクトチームにはお金に強い社員がメンバーとしていることは安心です。
新規事業に関する事業計画をリアルに描くには経理部の経験が重宝されます。

経理部から新規事業部にキャリアチェンジするには、異動希望を出すことが大切です。
特に新規事業に関してはモチベーションの高い社員を集めたいと会社は考えるからです。

新規事業プロジェクトが成功し、活躍が認められれば部として独立したり、新規事業部の管理職として昇進も考えられます。

コンサルティングファーム

転職してのキャリアチェンジにはなりますが、経理部の実務経験を活かしてコンサルティングファームで働くことも可能です。

クライアントの経営課題に対して改善案を立案するにあたり、会計に関する知識はマストです。
激務な業界にはなりますが、やりがいを感じることが出来たり、高年収を期待できたり、起業家としての力を身に着けられる仕事です。

経理部で身に付けたお金に関する知識・スキルを通じてクライアント企業の売上アップに繋がる仕事です。

会計事務所

より深く会計の仕事に携わりたいなら、会計事務所への転職も可能です。
当然ながら経理部の実務経験は即戦力として役立ちます。

給与待遇については経理経験やスキル・保有資格によって幅があるので何とも言えませんが交渉の余地はあるでしょう。

ただし、大企業の経理部のように福利厚生や労務管理の徹底がされていないことが多いようです。これは会計事務所自体が大企業と比較すると規模が小さい為、仕方のないことです。
過度な残業やサービス残業、パワハラなどが無いかは事前にリサーチが必要です。

経理部からの会計事務所へのキャリアチェンジは、むしろ働きながら税理士や公認会計士の資格取得をし、会計事務所としての実務経験を積んで独立したい人に向いています。

税理士として独立

経理部で実務経験を積むと共に簿記2級、1級…と会計資格を取得したら、次に見えてくるのは難関資格である税理士です。
税理士資格は勉強時間がかなり必要な根気勝負の世界ですが、科目合格がある為、働きながらでも資格取得がしやすいのが特徴です。

そして、せっかく税理士資格取得をしたなら独立を視野に入れたいところです。
経理部から税理士資格取得して独立というパターンは多いです。

営業職や人事部など関連のない他の職種へのキャリアチェンジは?

もちろん可能です。
どの部署でもお金に関する知識は必要な為、経理部の実務経験は役には立ちます。

ただし、かなり勝手が変わりますし今までの経理部で積んだキャリアはほぼ無くなると思っても良いでしょう。
同じ会社内で他部署に人事異動なら経理部経験も加味して評価を受け継いでくれる可能性もありますが、転職の場合はキャリアは捨てたと思った方が良いです。

「どうしても営業がやりたい!」という熱意がある場合や「経理部のデスクワークに疲れ果てた」という場合には他職種への転職も仕方のないことですが、年収ダウンは覚悟した方が良いと思います。






まとめ:経理部実務経験3年経ったらキャリアチェンジを視野に入れて働こう。

会計の世界は実に奥深いです。
たったの3年間で理解出来るほど甘い世界ではありません。

しかし、すぐに次のキャリアチェンジをする・しないに関わらず「自分がどんなキャリアを描きたいか。」を考えてみるのは実務経験3年を過ぎたあたりが良い機会かと思います。

結果、自分のやりたいことは経理部であれば続ければ良いでしょうし、経営企画部を目指すのであれば経理部で頑張りながら資格取得などをしても良いでしょう。
また転職エージェントに登録して、自分自身の市場価値を分析してもらって数年後の転職に向けて働き方を考えるのも1つの手です。

経理部は努力次第で色々なキャリアチェンジを出来る可能性があります。
当サイトでは経理部に関する様々な情報をお届けしています。是非チェックお願いします。